他店で修理された自転車見たらタイヤ向きもチェーン引き左右の取付も逆だった!

自転車タイヤの向き逆に取り付けられていた

他店で修理された自転車を確認すると!?

他店お買上げ車の自転車修理の依頼で、持ち込まれた自転車を作業前に確認すると「アレッ!?」

後輪のタイヤの向きが逆に取り付けられていました。

お客様に確認しましたら、他店で一度タイヤチューブ交換をされたそうでその時にタイヤ向きを逆にして取付られたと思います。

一般自転車の場合は、ほとんどのタイヤはタイヤトレッドのパターンは左右同じなのでどちらの向きに取付けても走行には変わらないのですが、やはりそこはプロとしては、走りだけでなく見た目も意識してタイヤ交換をしてほしかったです。

そのことについては、こちらのコスナブログ記事で紹介しています。

自転車タイヤ交換時の暗黙のルール」とは!?

 

タイヤの向きが逆に取り付けられた自転車

自転車タイヤの向き逆に取り付けられていた他店修理車の後輪タイヤのロゴが左側に見えています。

これは当店がこだわる本来のタイヤの向きとは逆に取り付けられています。

正しくは右側にロゴがくるように取り付けなければなりません。

 

3段変速のチェーン引き左右取付が逆

自転車チェーン引き取付が左右逆

新しくタイヤ交換作業を終わり、内装3段ギヤのスプロケット側のチャーン引きを確認したらこちらにも問題が!

こちらは、間違ってはいけない箇所なんですが!!

3段変速のチェーン引き部品が左右逆に付いていました。

プロなら普通取付の途中でわかると思うのですが・・・・・。

 

内装3段のチェーン引き左右形状の違い

自転車チェーン引きの左右の違い

内装3段変速用チェーン引きは左右で内側の形状が違うため取り付けるときは指定された向きでチェーン引きを取り付けます。

正しくは、画像手前のチェーン引き(内側が円ではなく上下水平になっている)がスプロケット側に取付なくてはならいのですが、間違って反対側のチェーン引きを強引に取り付けてしまっていました。

 

3段スプロケット側のチェーン引き取付注意点

自転車3段用ハブ軸右側は一部水平になっている

一般自転車の内装3段変速仕様では、スプロケット側のハブ軸内側のネジ部が上下で水平にカットされています。

この部分の形状にチェーン引きを合わせて取り付けます。

 

正しく取り付けたチェーン引き

自転車3段変速チェーン引き正しい取付位置

3段用ハブ軸内側の上下水平部分とチェーン引き内側がしっかり合わさってこのように取り付けるのが正しい向きです。

 

まとめ

今回のように他店で一度修理された自転車が持ち込まれ、当店で問題となる箇所を発見しましたので良かったですが、お客様自身ではまったく気が付かずそのまま乗り続けていたと思います。

一般自転車の修理といっても、修理内容によってはその作業工程は各お店により少なからず違いがあると思います。

コスナサイクルは、あなたの街のサイクルドクターでもあります。

他店購入車の修理依頼はもちろん、今回のように他店で一度修理した自転車でもお気軽にご相談くださいませ。