ロールトップ機能の「NSAR147フロントバスケットカバー」取付方法

パナソニック純正フロントバスケットカバー NSAR147-T

大型バスケットにも対応

一般自転車で最近主流の大型フロントバスケット

コスナサイクル取扱いのパナソニック電動アシスト自転車ショッピングモデル「ビビシリーズ」にも標準装備されています。

特に、パナソニック純正の大型スムースインバスケット(フロント用)は底部まで広くなっています。

トイレットぺーバーのロールやティッシュボックスセットもスッポリ収納できますので使い勝手も良いです。

それに合わせ、

大型バスケットに対応した、フロントバスケットカバーも発売されています。

今回は、

アウトドア商品のバックパックやリックなどに採用されているロールトップ機能のパナソニック純正フロントバスケットカバーの取扱い方法を紹介します。

 

ロールトップとは?

アウトドア商品などで、雨の侵入などを防ぐように、生地本体の上部をくるりと巻いて止めるタイプです。

間口を広く開けられるので荷物の出し入れもスムーズなど利点があります。

 

フロントバスケットへの取付方方法

2019ビビL20用フロントバスケット

取付例として、
2019年モデルのパナソニック電動アシスト自転車ビビL20「BE-ELL03」を使用。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー広げる

パナソニック純正フロントバスケットカバー「NSAR147-T」を広げます。

マジックテープが付いている方がバスケット後部になるように、フロントバスケットに上部から被せていきます。

NSAR147-Tフロントバスケットカバーをライトを避けて被せる

フロントバスケットカバーを被せる時は、ヘッドライトにカバーが被らないように注意しながらバスケット全体を覆います。

NSAR147-Tフロントバスケットカバーをバスケット後部マジックテープで止める

スリットが入っている部分でバスケットブラケットを避けてバスケットカバーの後方下部にあるマジックテープで固定します。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー内側のひもを締める

バスケットカバー内側にある6ヶ所の紐でバスケット本体にしっかり締めます。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー ロールトップ部を手に持つ

ロールトップ機能のフロントバスケットカバーはこのように袋状になっていますので、荷物の大きさに合わせて調整もできます。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー上部マジックテープ

フロントバスケットカバー上部にマジックテープが付いていますので荷物を中に入れたらココで袋を閉じます。

NSAR147-Tフロントバスケットカバーのロールトップを手前に折り返す

バスケットカバー上部を1回内側へ折り返します。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー バスケット後部にマジックテープで止める

折り返した状態で、マジックテープを利用してバスケット後部で両サイドを止めます。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー取付斜め後部から

これで、ロールトップ機能のフロントバスケットカバー取付完了です。

NSAR147-Tフロントバスケットカバー取付を横から見る

これなら、突然の雨の侵入も防げて

ひったくり防止にも役立ちますね!

 

NSAR147の仕様

高品質生地採用
250デニール糸使用

材質
ポリエステル100% 撥水加工

ロールトップ機能でらくらく折りたたみ

NSAR147-T(ブラウン)

パナソニック純正NSAR147フロントバスケットカバー

 

まとめ

自転車用フロントバスケットもサイズが色々ありますので、フロントバスケットカバーを購入の際は、愛車のバスケットサイズの確認をお忘れなく。