【初心者必見!】プロが教えるアヘッドステムのガタつき調整方法

アヘッドステムのトップキャップを六角レンチで締めてガタ調整

ハンドルがガタガタしたら・・・!?

クロスバイク・ロードバイク等に乗車してブレーキを掛けたら、何となくハンドル付近から「コトコト」とか「ガタガタ」と普段とは違う異音を感じたらそれは、ヘッド部分の緩みが原因かもしれません。

そのまま乗車していますとヘッド部分のベアリングにもダメージを与えますし、ブレーキ操作時にも影響がでますので直ぐに調整してください。

 

緩む箇所はココ!

クロスバイクのヘッドチューブ

アヘッドステムの緩む箇所は、フレーム(白い所)とヘッドスペーサー(黒い所)との間に隙間ができ、ヘッド部分がガタつき異音が発生します。

この隙間を調整すればガタつきが解消されます。

 

ガタつき2つの確認方法

ヘッドのガタつき確認方法 ブレーキを握りハンドルを前後に揺らすひとつは、フレームの上パイプにまたがり前後のブレーキレバーを握り、ハンドルバーを前後に動かしてみます。
この時、もしヘッド部分が緩んでいましたら、ガタつき感を感じると思います。

前輪タイヤを少し浮かせてから地面に落としてヘッドのガタを確認

もうひとつの確認方法は、ハンドルを握り、前輪を少し地面から浮かせてから、地面に前輪を落とします。この時もしヘッド部分が緩んでいますと、普段とは違う振動音を感じると思います。

この2つの方法でヘッド部のガタつきを確認できますので、気になりましたら一度お試しください。

 

ガタつき調整方法

アヘッドステムのボルトを緩める

ハンドルステムの取付ネジ左右を六角レンチ工具を使用して緩めます。ハンドルステムによっては取付ネジがトルクスねじを採用している場合もありますので、その時はトルクスねじ用工具を使用してください。

アヘッドステムのトップキャップを六角レンチで締めてガタ調整

アヘッドステムのトップキャップねじを六角レンチ工具を使用して締めます。
ヘッド部分のガタが無くなればいいので少しずつ締めながら確認をしてください。

ワンポイントアドバイス
トップキャップのネジを締めこむ時は、締めすぎないように注意してください。締め込みすぎますとベアリングを傷めますし、ハンドルを動かすにも硬く重たくなってしまいます。

アヘッドステムのネジを左右の締める

ヘッド部分のガタが無くなりましたら、ハンドルステムの取付ネジを六角レンチ工具を使用して締めてください。

前輪を浮かせから地面に落としてガタの有無を再確認

先程の、ガタつきの確認方法で、アヘッドステムのガタつきが無くなったか最終確認をしてください。

もし、まだ少しガタを感じるようでしたら再度調整を行ってください。

 

クロスバイク倒して【ハンドル曲がった時の調整方法】では、ハンドルステムを真っすぐに合わせるコツも紹介しています。

 

トップキャップの向き

トップキャップの向きは好みで合わせる

前輪を浮かせから地面に落としてガタの有無を再確認

トップキャップのロゴ文字がありましたら、お好みで文字位置を合わせてください。

例:KhodaaBloomの文字を上下で読める位置(上の画像)と左右から読める位置(下の画像)に合わせるかどちらでもお好みんで。

ちなみに、わたくし店長の場合は、ロゴが左右から読めるように合わせています。

 

まとめ

アヘッドステムのハンドル部分のガタつき調整は、それほど難しくないですが、カーボンフレームやカーボンフロントフォークを使用している場合は、特にネジの締めすぎのないように十分に注意してください。それと指定のトルク値管理を忘れずに。ご自分で調整するのが不安な場合は、専門店へ相談してください。