クロスバイク倒して【ハンドル曲がった時の調整方法】

クロスバイクのハンドル片側に曲がった状態

自転車倒れてハンドル曲がった時の調整方法

最近、風が強い時がありますよね!
駐輪していた自転車が風で倒れて、いざクロスバイクに乗ろうとしたら「アレ?」ハンドルが曲がってる!?なんて経験ありませんか?

そんな時に役立つ、クロスバイク「ハンドル曲がった時の調整方法」をプロが教えます。

 

準備する工具

クロスバイクハンドル調整用六角レンチ工具

用意するのは、六角レンチ工具です。サイズは4㎜又は5㎜です。

ハンドルステム取付ネジの径により異なりますのでご自分の自転車のネジサイズを確認しておいてください。

また、携帯用ツールセットをお持ちの方は、ミニツールの中からサイズに合った六角レンチを選らんでください。

 

ハンドルの曲がり具合確認

クロスバイクのハンドル片側に曲がった状態

ハンドルの曲がり具合を先ず確認します。自分で直せる程度か、また不安の場合は専門店にご相談ください。

 

ハンドルステムのネジを緩める

クロスバイクのハンドルステムのネジを締める

ハンドルステム取付ネジを六角レンチ工具を使用して緩めます。

このモデルの場合は、六角レンチ4㎜サイズを使用して、左右それぞれネジがありますので左右とも緩めます。

 

ハンドルを真っすぐにする

クロスバイクハンドルの曲がりを直す

前輪を両足で挟んで、ハンドルバーを手で持って、ハンドルバーを真っすぐに修正します。

クロスバイクハンドルを真っすぐにする

ハンドルバーをこのように真っすぐに直します。

目視でハンドルの位置を確認する

より正確な位置にハンドルバー合わせるため、フレームのトップチューブ(フレーム上部のパイプ)にまたがりハンドルステムとタイヤ位置を目視で確認して修正します。

この時のワンポイントアドバイス!
ハンドル修正時に「ズ~ッと!」タイヤ位置とハンドルバー位置を見て調整していますと、どの位置が正しいのか自分でも分からなくなる時がありますので、そんな時は一旦、目線を外してから調整すると良いですよ!

 

ハンドルステムのネジを締める

クロスバイクのハンドルステムのネジを締める

ハンドル位置の調整ができたなら、ハンドルステム取付ネジを六角レンチ工具で締めます。

この時、左右にネジがある場合、または同じ向きで上下にネジがある場合ともに、均等にネジを締めてください。

 

ハンドル曲がり調整完了

クロスバイクのハンドル位置調整完了

これで、クロスバイクのハンドル曲がり調整完了です。

 

まとめ

今回は、クロスバイクモデルでの紹介ですが、同様にロードバイクモデルでも同じ方法でできますので参考にしてください。

また、クロスバイク、ロードバイク等でサイクリング途中でパンクした時の対処法はこちらを参照してください。
初心者必見!出先で自転車パンクしたらチューブ交換