革靴の小指部分が当たって痛かったのでシューズストレッチャーを試してみた

フラキーシューズストレッチャー

革靴の一部分が当たって痛い!

普段あまり革靴を履かないのですが、休日にチョッとお洒落をして外出する時などに使うための革靴を購入。

サイズも合わせてショップ店内で試し履きもして安心安心と思っていたら・・・・・?

休日に何回か履いて歩くとどうしても右足の小指部分が当たり違和感を感じていました。

少し履き慣れれば大丈夫と思っていたのですが「やっぱり小指部分が少し当たって痛い!」

何とかならないかと色々検索してみたら!

「シューズストレッチャー」なるものがあるのを発見。

早速購入して試してみました。

 

シューズストレッチャー

フラキーシューズストレッチャー付属品

FLUCKEY(フラキー)シューズストレッチャー

硬質プラスチック本体にはいくつも穴が空いています。

そこに、付属の部分拡張用ダボを取り付けて特に伸ばしたい箇所などピンポイントにも使えます。

 

色々な靴に使えます

革靴、スニーカー、カジュアルシューズ、キャンバスシューズ、ハイヒール(<6㎝)

 

シューズストレッチャー使い方

スコッチグレイン インペリアルⅢ960BO

今回試したシューズは、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)インペリアルⅢ「直営店限定モデル」

フラキーシューズストレッチャーに付属のピンポイントダボ付ける

革靴の右足の小指部分付近を少し伸ばしたかったのでピンポイント伸長用ダボもセット。

シューズにシューズストレッチャーをセットして長さ調整する

革靴からシューキーパーを取り出し、シューズストレッチャーを靴の中に入れます。

先ずは、黒い部分の前後調整ネジを時計方向に回して長さを伸ばして調整します。

この時、靴のかかと部分にしっかり黒いパーツが当たっていることを確認。

長さサイズ調整をする時は、このネジで調整します。

シューズストレッチャーの横幅をL型ハンドルで調整する

次に、靴幅をL型ハンドルを回して調整します。

私の場合は、右足の小指部分が少し当たって痛かったのでその部分をゆっくり回して少し伸ばしました。

シューズストレッチャーセット後2日間放置

シューズストレッチャーをセットした状態で、2日間放置します。

更に広げたい時は、繰り返しセットして使います。

私も2日後に一度履いて確認をし、もう少し伸ばしたかったので更に少し靴幅を伸ばして再調整しました。

※調整する時は、革靴もデリケートですのであくまでも少しづつ様子を見ながら自己責任で行ってください。

 

サイズ調整後の革靴

シューズストレッチャー調整後の革靴

サイズ調整後の革靴を履いてみました。

以前と比べ気になっていた足の小指部分の痛みも軽減され違和感なく歩けました。

 

まとめ

デザインが気に入って買った靴がちょっと小さくて、かかと、つま先、外反母趾など部分的に痛くて何とかしたい。

そんな靴の悩みをお持ちの方、一度シューズストレッチャーを試してみてはいかかでしょうか。

メンズとレディース用各サイズがあります。