クロスバイク変速ワイヤー交換方法「リア変速編」

古い変速ワイヤーを取り出す

変速ワイヤーも定期的に交換を

クロスバイクの変速レバーを操作していてレバーが重くなったことありませんか?

それってもしかすると、変速ワイヤーケーブル内の錆等が原因で動きを悪くしているかもしれません。

また、変速位置が定まらずガチャガチャ異音がしたり、突然変速位置が変わってしまったりなどなど・・・・・。

変速ワイヤーも消耗品です。

不具合が出る前に、

2年に1度は定期的に変速ワイヤー交換をおすすめします。

 

変速ワイヤー交換作業はモデルにより違う

クロスバイクの変速レバーですが、シマノ製でもモデルや年式により変速ワイヤーを交換する時の作業は少し異なります。

大まかに言いますと、ケーブル通し穴から外すタイプと変速レバー本体のカバーを取り外すタイプです。

今回は、シフトレバーのケーブル通し穴仕様の変速ワイヤー交換作業です。

 

古い変速ワイヤーを取り外す

クロスバイク変速ワイヤー交換作業プラスネジを緩める

リア側の変速ワイヤー交換作業を行います。

先ずは、変速レバーの指で指している部分の「プラスネジ」を工具を使用して緩めます。

この時、取り外した樹脂製のプラスネジを失くさないように気を付けてください。

クロスバイク変速ワイヤー交換作業ワイヤー通し穴

ネジを取り除くとこのように変速ワイヤーを通す穴が見えます。

クロスバイク変速ワイヤー交換作業シフトレバーをトップギヤに入れる

後輪用の右変速レバーを操作してシフトダウン(ギアを一番小さな位置に合わせます。)します。

インジケーターを一番内側の位置に合わせます。

リアディレイラー変速ワイヤー緩める

リアディレイラーのワイヤーケーブル止めネジを工具を使用して緩めます。

リアディレイラー変速ワイヤー調整ネジを締めこむ

リアディレイラーの変速ワイヤー調整ネジの位置を初期状態の一番内側へ締めこんでおきます。

こうすることで後で変速ケーブル張りの微調整がしやすくなります。

 

 

新しい変速ワイヤーと交換

シマノシフトケーブル ステンレス製

シマノ製シフトインナーケーブル(ステンレス製)を使用します。

クロスバイクシフトレバーのアジャストボルトを締めこむ

変速レバー側の変速ワイヤー張り用の微調整ネジを初期状態に戻し締めこんでおきます。

シフトインナーワイヤーを変速ワイヤー通し穴に通す

変速レバーのワイヤー通し穴にシフトインナーケーブルを通していきます。

シマノケーブルグリスを手に持つ

シフトインナーケーブルには、シマノ製ケーブルグリスを塗布します。

ケーブルグリスを塗布することで変速性能がよりスムーズになります。

シマノケーブルグリスを塗布する

指先に少量のケーブルグリスを付け指を滑らせるようにしてシフトインナーケーブルにグリスを塗布します。

変速アウターケーブルも交換する

変速用アウターケーブルも劣化してきますのでインナーと一緒に交換することをおすすめします。

※変速アウターケーブルの長さ調整時にカットする時には専用工具が必要になります。

変速レバーワイヤー通り穴のプラスネジを締めこむ

変速レバーにケーブルを通したら先程取り外した樹脂製プラスネジを工具を使用して締めこみます。

クロスバイク変速ワイヤーの初期伸びを取る

変速ワイヤーをリアディレイラーに取付後ワイヤーの張り調整を行う前に、ワイヤーの初期伸びを取ります。

多くのモデルがトップノーマル仕様を採用していますので、リアスプロケットのギヤ位置は一番小さなギヤのトップ位置に合わせておきます。

クロスバイク変速レバー操作で変速位置を確認する

最後に変速レバーを操作してスムーズに変速作動するか確認をします。

これでクロスバイク変速ワイヤー交換作業リア側が完了です。

 

まとめ

変速ワイヤーも何も交換せず長年使用していますとワイヤーが突然切れて変速不能になる可能性もあり得ます。

安全のためにも変速ワイヤーも定期的な交換を忘れずに。