TSマーク付帯保険(自転車向け保険)とは?

赤色TSマーク付帯保険シール

TSマーク付帯保険(自転車向け保険)とは?

TSマーク付帯保険(自転車向け保険)とは、自転車安全整備士が点検整備(有料)した普通自転車に貼付されるマークで、このマークには傷害保険と賠償責任保険が付いています。

TSマークの「TS」とは、TRAFFIC SAFETY(交通安全)の頭文字をとったものです。

最近ニュース等でも自転車事故での加害者に高額賠償金支払いのケースを耳にしますが、もし、あなたが加害者になったら・・・

万が一の時のために是非、自転車保険の加入をおすすめします。

自転車保険も今では、色々な自転車保険商品が出ておりますので、ご自身に合った最適プランを選びご加入していただければと思います。

また、自動車運転免許証をお持ちの方なら、ご加入のお車の保険に個人賠償責任特約を付帯することで日常生活上の事故等により損害賠償責任を負うことになってしまった場合に、保険金を受け取ることが出来る保険です。こちらについては、ご契約の自動車保険会社様にご確認してみてください。

 

その中で、今回は、小田原市コスナサイクルが取り扱うTSマーク付帯保険(自転車向け保険)について説明します。

 

自転車安全整備店とは?

自転車安全整備店の看板

自転車安全整備店とは、自転車店の中でも自転車安全整備士免許を取得した者がいるお店です。
TSマークを取り扱うことのできる自転車店でこの店章が目印です。
もちろんコスナサイクル店長の私も免許を取得していますので当店メンテナンスルームに店章があります。

 

赤色TSマーク付帯保険について

赤色TSマーク付帯保険シール

TSマーク付帯保険には、青色と赤色の2種類ありますが、小田原市コスナサイクルが取り扱いますのは、補償額が高い赤色TSマーク付帯保険です。

傷害保険と賠償責任補償、被害者見舞金がセットになっているので、もしもの時に安心です。

 

保障内容について

  1. 保険の対象は、点検年月日と自転車安全整備士番号が記載された保険有効期間中のTSマーク貼付自転車に搭乗中の人が対象となります。貼付された自転車が対象ですので、ご家族どなたが乗車しても対象となります。
  2. 保険の有効期間は、TSマークに記載されている点検日から1年間です。
  3. 賠償責任補償の内容は、死亡・重度後遺障害(1~7級)が対象で限度額1億円です。
  4. 傷害補償の内容は、死亡・重度後遺障害(1~4級)対象で一律100万円です。入院15日以上で一律10万円
  5. 被害者見舞金の内容は、入院15日以上で一律10万円です。

※重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。

 

TSマーク取得方法

自転車安全整備士の免許を取得した者がいる自転車安全整備店ならTS点検(付帯保険)を受けられます。

自転車購入店でなくても、自転車をお店にお持ちいただければ点検・整備を受けて安全と認められた自転車にTSマークを貼ることが出来ます。

TSマーク点検・整備料金は有料ですので各お店にお問い合わせください。また、点検・整備の他に部品交換等が発生した場合は別途部品交換整備料金がかかります。

自転車安全整備店から「TSマーク付帯保険加入書(お客様用)」が渡されますので1年間保管してください。

 

もし、事故が発生したら・・・

TSマークが貼付された自転車で事故が発生したら、速やかに最寄りの警察署へ届けるとともに、三井住友海上火災保険(株)事故受付センター(24時間受付)へ事故発生の連絡を行うと保険請求手続きのご案内が届きます。

TSマーク付帯保険加入書(お客様用)に事後受付センターの電話番号が記載されています。

 

TSマーク更新について

TSマーク付帯保険の有効期間は1年です。毎年1回はTS点検・整備(有料)を受けてTSマークを更新してください。

 

赤色TSマーク付帯保険の詳細は、公益財団法人 日本交通管理技術協会ホームページTSマーク