プロが教える!ギュットミニ用リヤチャイルドシート取付方法「後編」

2018ギュットミニDX

リヤチャイルドシート本体取り付け

前回、幼児2人同時対応のパナソニック電動アシスト自転車2018年モデル「ギュットミニKD」、「ギュットミニDX」、「ギュットステージ22」の3モデルに適合するオプションパーツのリヤチャイルドシート「NCD402S」の組立作業を「前編」で紹介しましたので、今回はその「後編」として、リヤチャイルドシート自転車本体取り付け作業を説明いたします。

 


2018年10月31日
プロが教える!ギュットミニ用リヤチャイルドシート取付方法「前編」について、こちらのブログ記事で紹介しています。

 

取付モデル

2018ギュットミニパイプ型リヤキャリヤ

パナソニック電動アシスト自転車2018年モデル「ギュットミニDX」に取付します。

 

補助ステー取付

リヤチャイルドシート補助ステー

足の巻き込み防止のための補助ステー2種類が入っていますが、ギュットミニDXは、20インチ用の短い片側が90度に曲がっている補助ステーを使います。

20インチ用はF20の印

補助ステー刻印で「F20」と入っている方を前側にして取付します。

補助ステー取り付け部品

補助ステー取付用の部品セットです。

補助ステーを自転車本体に取り付ける

補助ステーが直角になっている方を前側にして付属のネジを工具を使用して固定します。

補助ステー取り付け後ネジに保護キャップする

補助ステーをしっかり固定できましたらネジ裏に保護キャップを被せます。

ギュットミニDXの場合は前側のみになります。

補助ステー左右取付後

このように、左右補助ステーを取付します。

 

本体取付

本体取り付け部品セット

こちらの部品、取付ステーとネジセットを使用します。

本体取り付けステー位置確認

リヤチャイルドシート本体の取付位置を確認。

本体取り付けステー正規取り付け向き

後側に取付ステーを取り付ける時は、リヤキャリヤ本体後下側に取付ステー用の通し位置がありますのでそこに通してください。

 

取付ステーの向きはこのように谷側が上になるようにして前後セットします。

取り付けステーのネジの位置

リヤキャリヤ本体を取り付ける時の取付ステーのネジ位置は、左右とも外側の位置でネジを固定してください。

リヤチャイルドシートをキャリヤにのせる

自転車リヤキャリヤの上にリヤチャイルドシートをのせます。

リヤチャイルドシートをプラスドライバーでネジを締める

リヤチャイルドシートのカバーをめくり、プラスドライバーでネジ4か所を固定します。

リヤチャイルドシート前側もドライバーでネジを締める

前側のネジもカバーをめくりプラスドライバーで固定します。

本体取り付けネジに茶色保護キャップ

本体に取り付け出来ましたら、付属の茶色の保護キャップをネジの先に挿し込みます。

 

ステップ取り付け

リヤチャイルドシート用ステップ取り付け作業

左右ステップを、リヤチャイルドシートに取り付けます。

ステップ裏の差し込み部

リヤチャイルドシートのステップ用穴にステップ裏側の引っ掛け部分を差し込みます。

 

取付位置はお子様の成長に合わせ左右とも同じ位置に。

ステップを差し込み部に入れる

差し込み穴にしっかり入れます。

ステップを奥まで押し込む

ステップを後方へ奥までスライドさせます。

ステップを付属のレンチを使用して固定する

部品Sセットを使用して、ステップを付属のレンチ工具で裏側のナットを押さえながらぷプラスドライバーで固定します。

 

安全ベルト取付

補助ベルト取り付け作業

附属の安全ベルト2種類(長いのと短いの)を取付位置に合ったものを使用します。

ギュットミニDXの場合は、短い方を使います。

フレーム本体補強プレートに安全ベルトを前方より通します。

リヤチャイルドシートの前部の下側を使用する

次に、安全ベルトをリヤチャイルドシートのベルト通し穴の下側の位置にベルトを通します。

補助ベルト通し方

このように安全ベルトを通してください。

補助ベルトをしっかり固定する

ベルトアジャスターにベルトを通してしっかり固定します。

 

リヤチャイルドシート取付完了

ギュットミニ用リヤチャイルドシート取り付け終了

これで、ギュットミニ用リヤチャイルドシート「NCD402S」取付完了です。

 

まとめ

ギュットミニシリーズは、標準装備が前側の子乗せタイプですので、お子様の成長に合わせ、後からオプションパーツとしてリヤチャイルドシートを取り付けてのご利用になるかと思います。

 

リヤチャイルドシートを取付の際は、安全のためにも自転車モデルに適合した純正リヤチャイルドシートをお買い求めいただくことをおすすめします。