5万円以下のクロスバイクで人気のコーダーブルーム「レイル700A」2020年モデル入荷

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」オリオンブルー

5万円以下で人気のクロスバイク

初めてスポーツバイクを購入される方が普段着で気軽に楽しめるモデルとして人気なのがクロスバイクです。

でもクロスバイクと言っても各モデルがあり価格も色々です。

その中でも本体価格5万円以下(税抜き)の中で人気クロスバイクと言えばKhodaaBloom(コーダーブルーム)のRAIL(レイル)700Aモデルです。

その人気クロスバイクのコーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」が入荷してきましたので早速組立しましたので紹介します。

 

2020年モデル「レイル700A」について

軽量アルミフレーム採用

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」フレーム

重量剛性比の高いアルミ合金を使用し、パイプ肉厚を応力分散など考慮して3段階にした「トリプルバテット加工」をした軽量アルミフレーム。

フレームのメーカーロゴ「KodaaBloom」もシンプルにワンポイントとして入れているだけなので見た目もシンプル

 

安定感のある太めのタイヤ

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」タイヤ

タイヤサイズも安定感と安心のある少し太めの700×32Cを採用

 

幅のあるギヤ選択で快適走行を

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」24段ギヤ

変速は、前3段(48×38T×28T)に後8段(12-32T)の24スピード仕様

これなら急な坂道でもギヤ選択の幅も広く安心です。

 

制動力も妥協しないパーツ構成

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」シマノ製ブレーキレバー

 

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」シマノVブレーキ本体

ブレーキシステムは、安定した制動力と信頼のシマノ製Vブレーキ本体とレバーをセットで採用

5万円以下のモデルでこのスペックはコーダーブルームの安全のこだわりを感じます。

 

これならお尻の痛さも軽減

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」サドル

柔らかでクッション性の高いサドルを採用しているので、初心者にありがちなお尻の痛さも軽減されると思います。

 

手にかかる負担も考慮したグリップ

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」グリップ

快適重視でグリップは手を面で支えるようにエルゴミックデザイングリップを採用

 

総額5000円相当の3つの付属品

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」ハンドルまわり

 

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」キックスタンド

ベル・LEDタイト・キックスタンドの3点が標準装備。

他メーカーなど多くがオプションパーツ設定になるなか「レイル700A」は標準装備なのが嬉しいですね。

ライトも昨年モデルより更に高輝度なLEDライトにグレートアップしています。

 

QRコードでデジタルコンテンツ提供

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」QRコードデジタルコンテンツ

「レイル700A」にも「レイル700」と同じく2020年モデルからフレームに「Support QRコード」が貼付されています。

このQRコードをスマホ等で読み込むことで、コーダーブルームのサポートサイトにあるデジタルコンテンツにアクセスして、初心者でも安心してセルフメンテナンスができるよういくつかの内容を提供しています。

 

価格その他

本体価格¥48,000(税抜き)

カラー:オリオンブルー、マットガンメタル、マットブラック、マットホワイト

質量:11.0㎏(480㎜)

サイズ

  • 400mm(適応身長:155-170cm)
  • 440mm(適応身長:165-180cm)
  • 480mm(適応身長:170-190cm)

 

まとめ

快適性重視で本体価格5万円以下のクロスバイクをお探しなら、価格・スペック・機能とコストパフォーマンスに優れている「レイル700A」はおすすめですよ。

RAIL700Aメーカーサイト