人気クロスバイク2020年モデル「RAIL700」と「RAIL700A」比較してみた

クロスバイク2020年モデル「RAIL700」と「RAIL700A」

人気クロスバイクの2020年RAILシリーズ

店長おすすめ人気のクロスバイクブランドKhodaaBloom(コーダーブルーム)。

そのコーダーブルームのクロスバイクシリーズが「RAIL(レイル)」になります。

RAIL(レイル)のラインナップは6モデル。

超軽量クロスバイクのRAIL LIMITED、クラス最軽量クロスバイクRAIL700、スタンダードクロスバイクRAIL700A、カーボンフロントフォークと前後オイルディスクブレーキ仕様のRAIL DISC EX、機械式(ワイヤー)ディスクブレーキ仕様のRAIL DISCモデルです。

今回は、その中でも特に人気のモデル、RAIL(レイル)700とRAIL(レイル)700Aの最新2020年モデルについて比較してみたいと思います。

 

レイル700について

コーダーブルーム2020年レイル700

RAIL700は本体価格¥63,000(税抜き)で、同等価格帯クロスバイクモデルの中でもトップクラスの軽量性を誇るモデルです。

質量は9.8㎏と持った瞬間その軽さを実感できると思います。

部品構成でもコストパフォーマンスが高く人気のクロスバイクです。

 

レイル700Aについて

コーダーブルーム2020年モデル「レイル700A」オリオンブルー

RAIL700Aは本体価格¥48,000(税抜き)、乗りやすさと快適性を重視したクロスバイクです。

質量は11.0㎏

 

RAIL700とRAIL700Aを比較してみた

フレーム

2020年モデル「RAIL700」フレームデカール

両モデルとも軽量オリジナル「EAST L」アルミフレーム採用

RAIL700は存在の高さを示す「KhodaaBloom」のブランドロゴがダウンチューブに、「RAIL」のロゴはトップチューブにデザインされています。

2020年モデル「RAIL700A」フレームデカール

RAIL700Aは、シンプルにKhodaaBloomのロゴデザインもトップチューブに小さくワンポイントで入っています。

 

サドル

2020年モデル「RAIL700」サドル

RAIL700は、サドルセンター部に「KhodaaBloom」のロゴを入れることでサドル上面のすべり止め効果をもたせ、少し凹みをもうけ血流の圧迫感も軽減する役目も。

2020年モデル「RAIL700A」サドル

RAIL700Aは、快適性重視でサドルは柔らかなクッション性の高いサドルを採用。

 

グリップ

2020年モデル「RAIL700」グリップ

RAIL700は、グリップ力とクッション性の高いシリコングリップを採用

2020年モデル「RAIL700A」グリップ

RAIL700Aは、手のひらを面で支えられるよう人間工学に基づいたエルゴミックデザインのグリップを採用。

 

タイヤ太さ比較

2020年「RAIL700」と「RAIL700A」タイヤ太さ比較

左側がRAIL700Aでタイヤ太さ約32㎜

右側がRAIL700でタイヤ太さ約28㎜

こう比べると僅か4㎜の差ですが違いを感じますね。

2020年モデル「RAIL700」タイヤ

RAIL700は、2020年モデルは高性能なドイツ・コンチネンタル社の700×28Cタイヤ「ULTRA SPORT」を採用

2020年モデル「RAIL700A」タイヤ

エアボリュームが増えることによる走行時のクッション性重視で700×32Cと少し幅広のタイヤを採用。

 

前後ハブを比較

2020年モデル「RAIL700」シールドベアリングハブ

RAIL700は、前後ハブにKhodaあBloomオリジナルのシールドベアリングハブを採用

ハブ軸回転も滑らかでベアリングの回転部分がシールで密封されているのでホコリや水の侵入も少なくすみます。

2020年モデル「RAIL700A」ボールベアリングハブ

RAIL700Aの前後ハブは、スタンダードなボールベアリング仕様。

 

フロントホイールの違い

2020年モデル「RAIL700」フロントラジアル組ホイール

RAIL700のスポークはラジアル組と言ってスポークがハブ軸からリムに向かって放射線状に伸びています。

ラジアル組のメリットとして、スポーク本数を通常より減らすことができるので軽量化が可能に。

2020年モデル「RAIL700A」フロントクロス組ホイール

RAIL700Aは、スポークが交差するクロス組のスタンダード仕様

 

後輪変速部分の比較

2020年モデル「RAIL700」リアディレイラー

RAIL700は、シマノ「アルタス」リアスピード9段仕様でスプロケットは11-32T。

2020年モデル「RAIL700A」リアディレイラー

RAIL700Aは、同じシマノ「アルタス」シリーズでもリアスピードは8段仕様でスプロケットは12-32T。

 

ギアクランク比較

2020年モデル「RAIL700」ギヤクランク

RAIL700の歯数は、48T-36T-26T。

2020年モデル「RAIL700A」ギヤクランク

RAIL700Aの歯数は、48T-38T-28T。

両モデルともズボンの裾巻き込み防止の役目をするチェーンガード付き

 

ブレーキ&シフトレバー比較

2020年モデル「RAIL700」ブレーキ&シフトレバー

RAIL700は、ブレーキレバーとシフトレバーがそれぞれ分かれたセパレートタイプを採用。

それぞれ好みに合わせて角度調整が可能です。

2020年「RAIL700A」ブレーキ&シフトレバー

RAIL700Aは、ブレーキレバーとシフトレバーが一体型になったモデル。

 

ハンドルバー比較

2020年モデル「RAIL700」オーバーサイズハンドルバー

RAIL700は、ハンドル剛性を高めるためオーバーサイズのハンドルバーを採用

2020年モデル「RAIL700A」ノーマルサイズハンドルバー

RAIL700Aは、ノーマルサイズのハンドルバーを採用。

 

共通部分

2020年レイル700・レイル700Aフロントフォークダボ付き

フロントフォークにダボ付きネジが標準工作されていますので、ドロヨケやフロントキャリ等が取付可能。

2020年レイル700・レイル700Aフレームダボ付き

フレームダボ付きネジが標準工作されているので、リヤキャリヤ、リヤドロヨケ等が取付可能。

※リヤキャリアを取付するには、シートクランプのダボ付き仕様が必要なので別に購入してください。

2020年レイル700・レイル700Aセンタースタンド取付台座付

センタースタンド取付用台座付きなので、より安定感のあるスタンドも取付可能です。

2020年レイル700・レイル700AQRコードによるサポートサイト

2020年モデルから先ずは、レイル700とレイル700Aに導入されたスポーツバイク業界初のQRコードによるデジタルコンテンツの提供。

フレームの貼付された「support」QRコードをスマホ等で読み込むことで、コーダーブルームのデジタルコンテンツのサポートサイトへ。

 

コスナサイクルのみ標準装備の部品

2020年レイル700・レイル700Aコスナサイクルではチェーンプロテクターサービス

RAIL700とRAIL700Aには、コスナサイクルでは組立時にチェーンプロテクターをサービスで取り付けています。

このチェーンプロテクターがあることで、変速時にチェーンがインナーギヤとフレームの間に落ちるのを防ぐ役目をします。

この部品ひとつある事で変速時の万一の不安から解消されます。

 

まとめ

クロスバイクの定番人気モデル、コーダーブルームの2020年モデル「レイル700」と「レイル700A」モデル比較いかかでしたでしょうか?

更に、実車で両モデルを見て確認するとよりその違いを体感できると思います。

お近くの方は、是非コスナサイクルへご来店のうえコーダブルームの優れたクロスバイクモデルをチェックしてみてください。

2020年モデル「RAILシリーズ」メーカーサイト