8.9㎏の軽量クロスバイク「2020コーダーブルームRAIL700SL」を早速チェック

コーダーブルーム2020レイル700SL

軽量ハイグレードクロスバイク

KhodaaBloom(コーダーブルーム)のクロスバイクRAIL(レイル)シリーズの中で、質量8.9㎏の軽量ハイグレードクロスバイクがRAIL700SL(レイル700SL)モデルです。

その軽さは、車体を手で持ち上げた瞬間「おおおおお軽~いいいいい!」と思わず言葉が出てしまいます。

スタンダードモデルのRAIL700でも9.8㎏と軽量なのに、RAIL700SLは更に約900g軽くした軽量クロスバイクです。

今回、2020年最新モデル「RAIL700SL」の初回生産分がようやく入荷してきましたので早速紹介します。

 

2020 RAIL700SL特長

軽量アルミフレーム「EAST-L」

コーダーブルーム2020レイル700SL KhodaaBloomブレームロゴ

フレーム素材は、1350gの軽量アルミフレーム「EAST-L」を採用。

更にパイプ箇所によって肉厚を3段階に分ける「トリプルバテッド加工」を施しています。

これにより「軽さ」と「強度」の両立をはかっています。

また、KhodaaBloomのメタリックな質感のロゴが高級感を引き立てています。

 

カーボン製パーツ採用

コーダーブルーム2020レイル700SL カーボンフロントフォーク

軽さと路面からの衝撃吸収性に優れているカーボン製フロントフォークを採用。

コーダーブルーム2020レイル700SL カーボンシートピラー

カーボン製シートピラーを採用

軽量はもちろん、路面からフレームに伝わる衝撃をカーボンシートピラーが衝撃吸収して身体への負担を軽減

 

前後ハブにシールドベアリング採用

コーダーブルーム2020レイル700SL シールドベアリングハブ

前後ハブ軸にはシールドベアリングを採用。

密閉性が高いのでゴミや水の侵入が少なく滑らかな回転の走行感です。

 

高性能なコンチネンタル製タイヤ標準装備

コーダーブルーム2020レイル700SL コンチネンタルタイヤ

高性能タイヤで知られるドイツ・コンチネンタル社製タイヤ「ウルトラスポーツ」を標準装備

タイヤサイズ:700×28C

 

ロードコンポーネントのシマノSORA採用

コーダーブルーム2020レイル700SL シマノソラ変速

走りにもこだわったRAIL700SLの駆動部分は、ロードバイク用コンポーネントのシマノSORAを採用

フロントダブルギヤ50-34Tと9段リアスプロケット11-32Tの18スピード仕様

 

日常使いに役立つ3アイテム標準装備

コーダーブルーム2020レイル700SL ベルと高輝度LEDライト付き

他ブランドのクロスバイクではオプションパーツとして設定されることが多い日常使いの3アイテム(ベル・ライト・サイドスタンド)がコーダーブルームRAIL700SLモデルにも標準装備されています。

2020年モデルからは、昨年モデルよりグレードアップさせた約2000カンデラの高輝度LEDライトを採用。

今まで以上に夜間走行も安心です。

コーダーブルーム2020レイル700SL サイドスタンド

サイドスタンドは、普段使いにはやっぱり必需品ですので標準装備は助かります。

 

サポートQRコード

コーダーブルーム2020レイル700SL ユーザーサポートQRコード

コーダーブルームが2020年度モデルの「レイルシリーズ」からスタートしてコーダーブルームのデジタルコンテンツへのQRコードによるアクセス。

フレームに貼付された「Suport QRコード」を読み込むとセルフメンテナンスに役立つ情報サイト「サポートページ」に簡単にアクセスできます。

 

RAIL 700SL詳細

本体価格¥87,000(税抜)

フレームサイズ適応身長目安

400㎜ 155㎝~170㎝
440㎜ 165㎝~180㎝
480㎜ 170㎝~190㎝

カラー:ダークブルー、ブラック

RAIL700SLメーカーサイト

 

コスナだけの安心アイテム標準装備

コーダーブルーム2020レイル700SL コスナサイクルではチェーンキャッチャー付き

コーダーブルームのクロスバイク「レイルシリーズ」モデルにはコスナサイクルでは、チェーンキャッチャーをサービスで付けています。

チェーンキャッチャーがあることによりチェーンの脱落防止に役立ちます。

 

まとめ

RAIL700SLは、ボトムブラケット 位置を上げ、車体の全長を長くしたフレーム設計により、直進安定性を高め、初心者でもふらつきが少ない高い安定感のある走行が楽しめる軽量ハイグレードクロスバイクに仕上がっています。