Square Reader専用ドック導入でカード決済がさらに安定に

Square Reader専用ドック

Square Reader専用ドック導入

コスナサイクルでは、カード決済の端末に「Square(スクエア)」を採用しています。

今までも、スクエアカードリーダー本体のみでカード決済を行っていますが、お客様のカード決済時ごとにカードリーダーとレジ用iPadをBluetooth接続してから都度設定を行うのでどうして少し時間がかかってしまいお客様を待たせてしまっていました。

また、本体を充電する必要があるため時々充電器に挿し込む手間もかかっていました。

そこで、お支払い時にお客様がよりスムーズにカード決済を行えるように、今回「Square Reader専用ドック」を導入しました。

 

Square Reader専用ドック

Square Reader専用ドックパッケージを開ける

では、早速パッケージを開けます。「ビリビリビリビリビリ」

Square Reader専用ドックパッケージを開く

Square Reader専用ドック

Square Reader専用ドック本体

中身は電源ケーブル付本体のみです。

手で持つと思ったより重量感があります。

 

スクエアリーダーと専用ドックをセット

Square Reader専用ドックとスクエアリーダー

左側のスクエア リーダー本体を右側のスクエア リーダー専用ドックにセットしていきます。

Square Reader専用ドックにリーダーをセットしていく。

専用ドックの下側にあるマイクロUSBコネクタにスクエアリーダー本体をスライドしてはめていきます。

Square Reader専用ドックにカバーをする

専用ドックにしっかりセットできたら、上部に補強クリップをはめます。

Square Reader専用ドックのカード挿入口

これで、スクエアリーダーのスクエアリーダー専用ドックへのセット完了です。

 

POSレジのiPadにBluetooth接続する

iPadにSquare Reader専用ドックをセットする

専用ドックの電源ケーブルを接続します。

POSレジに使用しているiPadにSquare Reader専用ドックをBluetooth接続して設定完了。

これで、スクエアリーダーが常に充電された状態で接続されますのでカード決済の時間短縮になります。

 

スクエア対応の各カード会社

Squareカード決済利用可能カード会社

スクエア対応の各カード会社

VISA、mastercard、AMERICAN EXPRESS、JCB、Diners Club INTERNATIONAL、DISCOVE

スクエアリーダー専用ドック使用画像

出典:Square

 

Square ReaderにICチップ付きクレジットカードを直接挿入すれば決済ができ承認後に画面にサインをして完了です。

EMV準拠もクリアしているので、セキュリティ面も安心。

磁気カードの方でも、スクエア磁気専用リーダーがありますのでこちらでクレジットカード決済もできます。

 

タッチ決済にも対応

タッチでVISA決済OK!POP

 

タッチでVISA説明POP

Square Readerは、タッチ決済の対応マークのあるカードにも対応しています。

カードを端末にタッチするだけで簡単にタッチ決済が利用できます。

 

まとめ

お客様のカード決済をよりスムーズに行うため、小田原市コスナサイクルでは常に最新機材を導入してキャッシュレスに対応しています。