シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換方法とディスクブレーキパッド交換

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 注射器のオイルを注入する

シマノ油圧ディスクブレーキ

自転車用ディスクブレーキには、メカニカルディスクブレーキ(機械式)ワイヤー引きのタイプと油圧式の2通りがあります。

 

今回の作業は、マウンテンバイクなどに多く採用されていますシマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換方法とブレーキパッド交換作業も合わせて解説いたします。

 

作業で使用するのは、ドライバー、ペンチ、トーストラップ、レンチ、六角レンチ、ピストン押し戻し用工具、シマノブリード用スペーサー、シマノブリーディングキット内のオイルファンネル・ブリード排出用チューブ付容器・ブリード用チューブ付注射器、シマノミネラルオイル、イソプロピルアルコールです。

 

古いブレーキパッドを外す

シマノ油圧ディスクブレーキオイル交換 ブレーキパッドを外す

先ずは、古いディスクブレーキパッドを取り外しますのでこのディスクブレーキキャリパー本体の場合、割ピンの先端が曲がっていますので、ペンチ等で真っすぐにして割ピンを引き抜きます。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 六角レンチでブレーキ本体外す

ディスクブレーキキャリーパー本体を六角レンチを使用して取り外し、割ピンを外したキャリパー本体から古いディスクブレーキバッドを取り外します。

 

ピストンのリセット作業

画像を撮るのを忘れてすみません。

油圧ディスクブレーキは、ブレーキパッドが摩耗するにつれ左右のピストンが徐々に押し出され、ディスクブレーキパッドとディスクブレーキローターとの間隔を自動的に調整します。そのためオイル交換時を含めディスクブレーキパッド交換時には、必ず押し出されたピストンを押し戻す作業を行います。これがピストンのリセット作業です。

 

古いオイルの排出作業

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 ブリード用スペーサー取り付ける

ピストンのリセット作業が済んだら、次にブリード用スペーサーを代わりにはめ込み古いピンで仮止めします。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 リザーバータンクにオイルファンネルを取り付ける

リザーバータンク上部のブリードネジを緩めてシマノブリーディングキットのオイルファンネルを取り付けます。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 古いオイル排出するためレンチでブリードニップルを1/8回転緩めて開く

ディスクブレーキキャリーパー本体のブリードニップルに付いている保護キャップを取り外し、そこへチューブ付オイル排出用の容器をセットして、ブリードニップルをレンチ工具を使用して1/8回転緩めて開き、古いオイルを排出します。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 古いオイルが排出される。

古いオイルが徐々に排出されてきます。かなりオイルが汚れていますね!

 

古いオイルの排出作業が終えたら、ブリードニップルを一旦絞めてオイル排出用具を取り外します。

 

ワンポイントアドバイス
オイル排出時に、ホースやディスクブレーキキャリパー本体を軽く叩いたりして振動を与えたり、ブレーキレバーを握りオイル排出を促します。

 

オイル注入作業

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 注射器のオイルを注入する

ブリード用チューブ付注射器にオイルを入れ、チューブをブリードニップルに差し込み、レンチ工具を使用してブリードニップルを1/8回転緩めて開き、注射器内のオイルを注入していきます。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 リザーバータンクに取り付けたオイルファンネルからオイルが出始める

注射器を通して注入されたオイルが、リザーバータンクに取り付けたオイルファンネル内へ徐々に出てきます。この時気泡が一緒に混じって出てきますので、気泡が混じらなくなるまで注射器でオイルを注入してください。

 

この作業の時は、気泡が混入するかもしれませんのでブレーキレバーは握らないでください。

 

オイルファンネルから出るオイルに気泡が混じらなくなったら、一旦ブリードニップルを締めて注射器を外します。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 排出用容器を取付1/8回転ブリードニップルを緩る

チューブ付オイル排出用の容器をセットして、ブリードニップルをレンチ工具を使用して1/8回転緩めて開きます。そのままの状態にして、しばらく待つとブリードニップル側からチューブへオイルが流れてきて気泡が抜けてきます。

この作業時に、ホース、リザーバータンク、ディスクブレーキキャリパー本体を軽く叩いたりして振動を与えて残っている気泡を排出してください。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 オイルファンネル内の油面を保つためオイル補充

この作業の時は、リザーバタンクに取り付けたオイルファンネルのオイル油面が下がりますので、空気が入らないようにオイルをファンネルに補充して油面を保ってください。

 

ブリードニップルから出るオイルに気泡が混じらなくなったら、レンチ工具を使用して一旦ブリードニップルを締めます。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 ブレーキレバーを握った状態にする。

ブレーキレバーを握った状態します。店長のわたしは、ペダル用トーストラップを使用して固定します。

他に、太い輪ゴムで何重にして巻く方法や、結束バンド等を使用してもいいかもしれません。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 一瞬だけブリードニップルを開き気泡を放出する

ブレーキレバーを握った状態で、レンチ工具を使用してブリードニップルの開け閉めを瞬間的に行い、ディスクブレーキキャリパー内の気泡を放出します。

 

この作業を2~3回繰り返し行い、チューブ付排出用の容器を取り外しレンチ工具でブリードニップルを締めます。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 ブレーキレバー操作で覆布ファンネルから気泡が出てくる

この作業の時に、ブレーキレバーを操作すると、ブレーキシステム内に残っている気泡がオイルファンネルに上がってきます。

気泡が出なくなったら、ブレーキレバーの当たりまで握り、正常ならこの状態でブレーキレバーの当たりが出て堅くなります。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 ブレーキレバーを上30度にセット

ブレーキレバーを水平から30度上向きにセットして、ブレーキレバーを握り気泡が残っていないか確認をします。次に同じく水平から30度下向きにセットして気泡が残っていないかを確認をします。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 オイルファンネルのオイルストッパーで栓をする

オイルファンネルにオイルストッパーで栓をします。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 リザーバータンクのネジ部を締め込む

オイルファンネルを外し、ブリードネジを締めつけます。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換 ブリードネジ部の余分な油分を拭き取る

リザーバータンクに付着した余分なオイルをイソプロピルアルコールを含ませて拭き取ります。

 

ディスクブレーキパッド交換

シマノブレーキパッド交換 B01S

ディスクブレーキパッドも消耗していましたので新しいブレーキパッドに交換します。シマノディスクブレーキキャリパーのモデルに適合するブレーキパッドを使用してください。

キャリパー本体へ新しいブレーキパッドを取り付ける

ディスクブレーキキャリパーに付いていたブリード用スペーサーを取り外し、新しディスクブレーキパッドを取り付けます。

ブレーキパッド取付用割ピンの先端を曲げる

ブレーキパッを取り付けたら割ピンの先端をペンチ等で曲げて固定します。

ディスクブレーキキャリパー本体をフレームに取り付ける

ディスクブレーキキャリパー本体を六角レンチで取付ます。この時、ブレーキレバーを握りながら本体を締め付けるとブレーキセンターが出しやすいです。

シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換作業終了

最後にブレーキパッドがブレーキローターに干渉しないか確認して全ての作業終了です。

 

まとめ

油圧ディスクブレーキも定期的にオイル交換とブレーキパッド交換を行って安全に努めてください。