プロが教える!モンキーレンチ工具の正しい使い方

モンキーレンチ工具3種類

モンキーレンチ工具とは?

自転車の調整作業には、みなさんが思っているより数多くの専門工具がありそれらを使っての作業を進めるのが本来正しいのですが、みなさんが、それらの専門工具を全て揃えるのは大変なことだと思います。

 

そこで、工具箱をお持ちの方なら1本は入っているだろう?工具のひとつがモンキーレンチ工具だと思います。

 

モンキーレンチ工具は、口径部を回して調整することで、ボルトのサイズに合わせて使用することが出来る汎用性の高い工具ではありますが、皆さんの使い方としてお勧めするのは、メイン工具として使用せずあくまでもサブ的な考えでの使用で専用工具が無くどうしても作業しなくてはならない時の「非常用」としてお使いください。

 

モンキーレンチ工具も、間違った使い方をされますとボルトの角をなめてしまったり、危険を伴う可能性もありますので正しい使い方を今一度確認して作業をしてください。

 

モンキーレンチの名称

モンキーレンチ工具ウォームを回す

モンキーレンチは、上あご・下あご・ウォーム・グリップからなっています。

上あごは、ボルトを押さえる部分で、下あごは、スライドさせボルトサイズに合わせる部分、ウォームは、ネジのようになっている箇所を回すことで、下あご部分をスライドさせ動かす役目で、グリップは工具を持つ部分です。

 

モンキーレンチ使い方

モンキーレンチ工具のウォームを回してボルトに合わせ締める

モンキーレンチのウォームと呼ばれる部分を親指で回してボルトサイズに下あごを合わせてしっかり締めます。

 

ワンポイントアドバイス
ボルトの面にしっかり合わせ、ウォームを確実に締めこんで固定します。締めが甘いとネジの角をなめて丸くしてしまいボルトを傷めたり、モンキーレンチがズレて外れケガにもつながる可能性がありますので注意してください。

モンキーレンチの正しい回し方上あごが上になり左側に回す

ウォームの部分を回してボルトサイズに上下あごを確実に合わせたら、モンキーレンチのグリップの根元をしっかり握り、この画像の場合は、左側に回して締め付けて固定します。

 

ワンポイントアドバイス
モンキーレンチで重要なのは「回す方向」です!モンキーレンチで締め付ける時は、必ず上あごを上にして締め付けてください。下あご側に回すことを忘れずに!

 

間違ったモンキーレンチの使い方

逆さモンキーとしての使い方はダメ!下あごが上で左回し

逆さモンキー」と言われる使い方です。

ひとつ前の画像と比べて見てください。違いがわかりますか?

 

画像のように、ボルトを締め付ける時に下あごが上になった状態で上あご側に回すと下あごを傷めてしまいますので「逆さモンキー」での作業は行わないで下さい。

モンキーレンチ工具の根元を持って回しても力が入らない

画像のようにグリップの先端近くも持って締め付けても力が入らず作業しずらいです。グリップの根元をしっかり持ち作業してくだい。

 

まとめ

ボルトサイズにあった専用レンチ等が無い時などに役に立つモンキーレンチ工具ですが、長さもいくつかありボルトサイズによって適合範囲も違ってきますので、自分が今お持ちのモンキーレンチ工具がありましたらサイズ確認も一度しておいてください。