自転車ブレーキシュー調整に便利なブレーキシューチューナー使ってみた

BRAKCOブレーキシューチューナー

ブレーキシュー角度調整ちょっと時間がかかる。

ロードバイクのブレーキシュー位置調整って自分で行うと意外と時間がかかったりしませんか?

左右均一にトーイン角度を出すブレーキシュー調整なかなか位置決めが定まらないなんてことも・・・・・。

手作業で慎重に何度かリムに対してのブレーキシュー上を1mm以上離しトーイン角度調整を行い、その都度目視で確認しながら作業をするのでキッチリ合わすにはちょっと時間がかかったりします。

 

トーインって何?

トーインとは、自転車進行方向に対してブレーキシュー位置をハの字のように少し後方に角度をつけて取り付けることです。

これにより、ブレーキ制動時の音鳴りを防止。

それと、

ブレーキシューをリムに対して角度なしで取付た時に比べ強い制動力が得られます。

そこで、このトーイン角度調整を時間をかけず簡単に調整できる商品を探したらありました!

それが、ブレーキシューチューナーです。

 

ブレーキシューチューナー

BRAKCOブレーキシューチューナー裏側

このブレーキシューチューナーの特長は、

裏面の上部に少し凸がありその役目としてリムの上部にひっかかりやすくなっています。

よ~く見ると・・・・・!?

ブレーキシューチューナー本体の厚みに角度が付いていてこれによりトーイン調整が簡単に行えます。

更に、リムに対して上部1mm以上確保できるようにもなっています。

 

ブレーキシューチューナー使い方

ロードバイクでブレーキシュートーイン調整前

先ずは、トーイン角度調整を行う前のブレーキシューです。

リムに対してブレーキシュー全面が当たっています。

BRAKCOブレーキシューチューナーの向きを確認

矢印とFORWARD(進む)と印されている方を進行方向に合わせます。

BRAKCOブレーキシューチューナーをセットする

ブレーキシューチューナーを入れる時は、キャリパーブレーキ本体のレバーを一旦開いてクリアランスを確保するとセットしやすいです。

ブレーキシューチューナー調整時はブレーキレバーを握る

次に、調整する側のブレーキレバーを握り、リムに対してブレーキシューを押し当てます。

ブレーキシューチューナーに合わせ六角レンチで角度調整

片側でブレーキレバーを握り、もう片方の手でブレーキシューのネジを仮締めして調整します。

ある程度位置が固定したらブレーキレバーから手を放して最後は本締めします。

ブレーキシューチューナーでトーイン調整後

トーイン角度調整後のブレーキシューです。

ちゃんとㇵの字になってますね。

 

まとめ

ロードバイクのブレーキシューのトーイン調整などブレーキシューチューナーがあれば簡単に左右同じに時間もかからず作業できます。