自転車フロアポンプ選ぶなら「サーファスFP-200SEロングストローク」がおすすめ

自転車フロアポンプ サーファスFP-200SEロングストローク

自転車フロアポンプ購入で悩でいませんか?

クロスバイク・ロードバイクなどスポーツバイク系の自転車を初めて購入して、「フロアポンプを購入するのを忘れてた!」なんて方いると思うんですよ。

スポーツバイク系の自転車は一般的な普通の自転車と違い、自転車チューブ口金が仏式(フレンチバルブ)なのがほどんどでまれにクロスバイクで米式(シュレッダーバルブ)などを使用しているモデルも。

一般的な自転車ポンプはそのままでは使用できません。

 

検索してポンプ種類の多さで悩む。

そこで、スポーツバイク系に使用できる自転車フロアポンプを検索すると出るわ出るわ!

更に値段も安いのから高機能な高級モデルまでどれを選んでいいか悩みますよね。

それは、値段が安いにこしたことありませんが・・・・・。

以前、店長の私も色々試しでと、安いモデルを店用で一度だけ使用してみたのですが、本体が樹脂製だったこともあり空気は入っていかないは本体が熱をもつは、バルブ口金のロックは納得いくものでないわで懲りた経験をしました。

 

お手頃価格のフロアポンプを見つける。

色々な自転車フロアポンプの中から、店長の私が選んでショップ用としても愛用している商品が「サーファス FP-200SEロングストローク」フロアポンプです。

 

サーファスFP-200SE ロングストローク

サーファスFP-200SEロングストローク専用バッグ付属

サーファスFP-200SEロングストロークのモデルは、ロングストロークと言うことでバレルがスタンダードモデル(FP-200)より長いので1ストロークあたりのエア量がアップします。

また、標準で¥300相当のポンプ専用バッグが無償で付属しています。

背負って持ち帰ることも可能です。

 

FP-200SEロングストロークの特長

力の入れやすいエルゴノミックデザインのグリップ

サーファスフロアポンプ FP-200DSEロングストローク 大型メーター

大型メーターがフロアポンプ上部についていて見やすいです。

メーター数値は外側がPSI(ポンド・スクエア・インチ)表示、内側がBAR(バール)気圧表示。

メーター外枠にある赤い▼印は、任意の位置に合わせて使用します。

サーファスFP-200SEロングストローク バルブ口金

このフロアポンプの口金は仏式・米式どちらも差し込むだけでOK!

サーファスフロアポンプ FP-200SEロングストローク 英式バルブ取付

付属の英式バルブ用アダプターを差し込めば一般自転車にも使用できます。

サーファスフロアポンプ FP-200SEロングストローク ボール用アダプター付属

サッカーボールなどの空気入れとしても使えるボール空気針

浮き輪の空気入れにも使える浮き輪アダプターも標準装備

 

こんな時の不安も大丈夫!

フレンチバルブ長さ短め

例えば、チューブバルブ長がリムに対して短いバルブで空気入れが上手くいかず、フロアポンプの口金が「スポ~ン!」と抜けてしまった経験ありませんか?

サーファスフロアポンプFP-200SEロングストロークならチューブバルブ長が短くてもしっかりホールド

そんな時でも、このサーファスフロアポンプ「FP-200SEロングストローク」ならバルブ口金を確実にロックしてエアを入れられます。

 

 

まとめ

スポーツバイクを購入されたらスポーツバイク専用の自転車フロアポンプは必需品です。

お求めお忘れなく。

カラーは全部で6色

バックライト付きのFP-200SEデジタルゲージ仕様もあります。

カラーは全部で4色