あなたの街のサイクル・ドクター

キャットアイ「タイト キネティック」は減速を知らせるブレーキモード搭載セーフティライト

キャットアイ「タイト キネテック」

ブレーキ(キネティック)モード搭載乾電池モデル

自転車での夜間走行時に後方への視認性はとても大事です。

標準装備のリフレクター(赤色反射板)より発光タイプのセーフティライトの方がより安心ですよね。

セーフティライトも色々なメーカー更にモデルも数多くありますが、今回はその中でも国産メーカー「キャットアイ」のニューモデル「TIGHT KINETIC(タイト キネティック)」を紹介します。

このCATEYE「TIGHT KINETIC(タイト キネティック)」最大の特長は、加速度センサー内蔵で減速を知らせるブレーキ(キネティック)モードを搭載した乾電池タイプのセーフティライトなんです。

 

キネテック機能とは?

「TIGHT KINETIC」には加速度センサーが内蔵されているので、自転車の減速を感知するとライトモードに関係なく約2.5秒間ハイ点灯にするブレーキモード(キネティック機能)が搭載されています。

減速が続く間はハイ点灯が継続されます。

この機能が付いていると夜間走行時にブレーキをかけて減速しても後方への視認性がより高くなり認知しやすいので安心ですね。

 

CATEYE「TIGHT KINETIC(タイト  キネティック)」

キャットアイ「タイトキネテック」内容物

パッケージの中には、TIGHT KINETIC本体と固定バンドの「フレックスタイトブラケット」、パイプ径が細い時に使用できるゴムパッキン、単4型乾電池2本、取扱説明書が入っています。

 

「タイト キネティック」の電池の入れ方

「タイトキネテック」の黒いダイヤルを回してボディーをずらす

付属の単4型乾電池を入れるには、先ず本体下部の黒いダイヤルを回して緩め取り外します。

取り外すときは反時計方向にダイヤルを回して緩めます。

タイトキネテイックのボディーをずらし電池を入れる

黒いダイヤルを取り外したら、上のレンズ部分から下のボディ部分をスライドさせて引き抜きます。

ボディーに電池を入れらた元に戻してダイヤルを締める

引き抜いたら、ボディ本体に電池の向きに注意して電池をセットしてボディとレンズを元の位置に合わせて黒いダイヤルを取り付け時計方向に回して締めて固定します。

 

「タイト キネティック」取付方法

キャットアイ「フレックスタイト」で工具なしで固定

付属の「フレックスタイト」は工具不要でシートポストやシートステーに確実に固定できブラケットです。

シートポストに取付必ず手で回して固定してください。

その時本体を取り付ける部分の角度調整も行います。

キャットアイ「タイトキネテック」は取付取り外しも簡単

シートポストにフレックスタイトを固定したら、セーフティライト本体裏側の突起部分をフレックスタイトの取付部分の溝に合わせて「カチッ!」と音がしたら固定完了です。

キャットアイ「タイトキネテイック」取付状態

今回は撮影用に取り付けていますのでシートポストに取り付けた「フレックスタイト」の固定バンドの長さがそのままですが、もし余ったバンドをカットする時は切口でケガをしないように処理してください。

照射角度が地面に対して垂直になるように取付ます。

※画像の取付は少しだけ上向きになってしまいました。

 

モード切替方法

キャットアイ「タイトキネテック」のスイッチをクリックしてモード切替

画像の親指部分にあります本体下部の「スイッチ」長押しで「ON」・「OFF」を切り替えます。

キャットアイ「タイトキネテック」点灯

モード切替は、スイッチをクリックして「点灯(ロー)」・「点滅」・「ラピッド」の3モードから選択できます。

 

「タイト キネティック」の特長

  • 使用時間は、点灯(ロー)で約70時間、点滅で約160時間、ラピッドで約140時。
    ※ブレーキモードが働く頻度が多いほど、使用時間が短くなります。
  • 雨でも安心の防水構造(IPX7)
  • 走行中の振動に強い頑丈なボディ
  • 360度は配光であらゆる方向から認知しやすく夜間走行の安全性がアップ
  • 取付適応シートポスト・シートステー径は12~32㎜。

 

CATEYE「TIGHT KINETIC」

 

まとめ

クロスバイクなどで自転車通勤される方などの夜間走行には安心安全のためにもより高い視認性を確保できるはリアLEDタイプのセーフティライトの取付をおすすめします。

その他USB充電式セーフティライトについてはこちらのコスナブログ記事を参照してください。

自動点灯付きキャットアイ「ラピッドマイクロオート」を取り付けてみた