小田原の自転車専門店

ESR「PURSUER LC(パーサーLC)」折りたたみ方法はこれを見れば分かる

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 反対側からの折り畳んだ状態

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方

先日コスナブログ記事で紹介しました発売間もない6万円台のおすすめ折り畳み自転車ESR「PURSUER LC(パーサーLC)」の折りたたみ方法について詳しく解説したいと思います。

ESR「PURSUER LC(パーサーLC)」はVブレーキ仕様のカジュアルスタイルで気軽にポタリングを楽しめる折り畳み自転車として発売されたモデルです。

折り畳み自転車初心者の方でも小径自転車でありながらハンドル操作もふらつかず安定した走行ができるように設計されていますので安心。

折り畳み自転車でもモデルごとで少し折り畳み方法でおさえておきたいポイントがありますので、その辺も分かりやすく説明しますので、この記事を読んでいただければESR「PURSUER LC」折りたたみ方をマスターできると思います。

 

「PURSUER LC」折りたたみ手順

  1. サドルを一番下まで下げます。
  2. 左クランクが真下にくるように回します。
  3. ハンドルステム高さを引き上げ調整します。
  4. ハンドル上部レバーを開いてブレーキレバーを真下にくるようにします。
  5. ハンドルステムサイドレバーの丸いボタンを上に引き上げます。
  6. フォールディングステムをゆっくり倒します。
  7. 倒したステムのレバー等が収まりよい位置か確認または調整します。
  8. サイドスタンドを上げます。
  9. フレームヒンジ部のストッパーのロックを解除します。
  10. フレームヒンジレバーを開きます。
  11. フレームを手前に折り畳んで行きます。
  12. ホイールマグネットで前後車輪をしっかり固定します。
  13. ハンドルステムがガタつくときは付属のマジックテープで止めます。
  14. これで「PURSUER LC」の折り畳み完了です。

これから順番に画像を交えて解説していきます。

 

1.サドルを下げる

ESR「PURSUER LC」折り畳み方説明前

ESR「PURSUER LC」折り畳む前の状態

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 サドルを一番下まで下げる

シートバンドのレバーを開いてサドルを一番下まで下げレバーを閉じて固定します。

この状態にすることで、折りたたんだ時にサドルのシートポストが支柱となり折り畳みやすく安定する役目もします。

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方のポンとはサドルを少し左側に傾ける

ワンポイントアドバイスとして、
サドルを下げた時にサドル本体を乗車状態から見て左側に少しだけ傾けておきます。

これにより、自転車を折り畳んだ時にハンドルステムに干渉せずにきれいに折り畳めます。

 

2.左クランクを真下にする

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方左クランクが真下になるようにする

ペダルを回して左クランクが真下になるようにします。

 

3.ハンドルステムを高く引き上げ調整する

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドルステムを境界線より指2本ぐらいだして固定する

ワンポイントアドバイスとして、
ハンドルステムを折り畳む前の準備として、ハンドルステムの高さを伸ばして調整します。

この時の高さ目安として、ハンドルステム高さ限界目安の印から指約2本ぐらい高くしてからレバーを調整して固定しておきます。

これにより、ハンドルを折り畳んだ時に他の箇所とも干渉せずにスムーズに折り畳むことができます。

 

4.ブレーキレバー位置を真下にする

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドル上部のレバーを開きブレーキレバーを下側にする

ハンドル上部のレバーを開いてハンドルバーのブレーキレバー位置が真下にくるように調整してから閉めます。

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ブレーキレバーをこのように下側にして固定する

このようにブレーキレバーが真下にくるようにハンドルバーの向きを調整してください。

 

5.ハンドルステムのサイドボタンを引き上げる

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドルサイドレバーのストッパーを解除する

ハンドルステム下部にありますサイドレバー側面の丸いボタン(ストッパー)を上に引き上げながらレバーを開きます。

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドルサイドレバーを開いてハンドルを倒す

サイドボタンを引き上げ押しながら同時にレバー手前に倒すように操作して開きます。

 

6.ハンドルステムを倒す

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドルステムをゆっくり倒す

フォールディングハンドルステムをゆっくり倒していきます。

 

 

7.ブレーキレバーの収まりのよい位置を確認

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ブレーキレバーが干渉したら微調整する

もし、ハンドルステムを折り畳んだ時に少しハブ軸ナット等にブレーキレバーが干渉しそうな時は、ハンドルステムの高さを微調整し、更にハンドルバー上部の調整レバーでハンドルバーの向きも干渉しそうな時は少しずらして微調整します。

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドルステムを倒した時ブレーキレバーが干渉しないようにする

ブレーキレバーが収まりの良い位置になっているか確認します。

 

8.サイドスタンドを上げる

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 サイドスタンドをたたむ

フレームヒンジ部を折り畳む前に、身体を乗車位置を上から見て左側に移動してからサイドスタンドを上げておきます。

これを忘れてしまうとフレームを折り畳んだ時にサイドスタンドが当たってしまい折り畳むことができません。

 

9.フレームストッパーを解除する

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 フレームヒンジ部のストッパーを開く

フレームヒンジ部にあります黒いレバーストッパーを上に開いてロックを解除します。

 

10.フレームヒンジ部を開く

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 フレームヒンジ部を開いてフレームを手前に折り畳む

フレームヒンジ部のレバーを開きます。

 

11、フレームを手前に折り畳む

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 フレームを手前側に折り畳んでいく

ヒンジ部を開いたら、フレームを手前側にゆっくり折り畳んで行きます。

 

12.ホイールマグネットを合わせて固定

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ホイール固定用マグネットをしっかり合わせて固定する

前側フロントフォークとフレーム側に付いているホイールマグネットを合わせて車輪を固定します。

このホイールマグネットは標準装備なので便利だし車輪が固定され安定するから良いですよ。

 

13.付属のマジックテープで止める

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 ハンドルステムをしっかり付属マジックテープで止める

ハンドルステムを折り畳んだ状態でもどうしても振動でカタカタとブレーキレバー取付部分が僅かに当たってしい音が響いてしまう時は、付属のマジックテープで固定することによりハンドルステムのガタつきを抑えて振動音を軽減できます

 

14.PURSUER LCの折りたたみ完了

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 反対側からの折り畳んだ状態

これでESR「PURSUER LC」の折りたたみ完了です。

折り畳みサイズは、横:約78㎝×縦:約47㎝×高さ:約70㎝

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 縦方向からの折り畳み完成状態

 

ESR「PURSUER LC」折りたたみ方 折り畳み完了

 

まとめ

20インチ小径折り畳み自転車ESR「PURSUER LC(パーサーLC)」は工具も必要なく折り畳め、折りたたみも手順通りに行えば難しくありませんので慣れればよりスムーズにできると思います。

次回は、ESR「PURSUER LC」折り畳んだ状態からの組み立て方法を解説しますのでしばらくお待ちください。

こちらのコスナブログ記事では「PURSUER LC」モデルについて詳しく説明していますので参照してください。

おすすめフォールディングバイクESRから「PURSUER (パーサー)LC」新発売!

PURSUER LCの組み立て方については、こちらのコスナブログ記事を参照してください。

ESR「PURSUER LC(パーサーLC)」組み立て方はこれを見れば分かる

 

投稿者プロフィール

小砂恵三
小砂恵三コスナサイクル店長
宮田工業(現在:ミヤタサイクル)での研修を得て、インショップ形式の自転車店の店長に就任。その後家業を継ぎ自転車のメンテナンス、販売に従事して35年以上。
自転車専門資格として「自転車安全整備士」「自転車技士」「スポーツBAA PLUS」「自転車組立整備士」などを保有。
現在はコーダブルームやパナソニックといったスポーツ自転車から電動アシスト自転車までを幅広くカバーするサイクルショップ、コスナサイクルを運営。