クロモリロードバイクパーツ組み換え作業「シマノ105R7000」へ

パナソニッククロモリロードバイククラッシック仕様

パナソニックロードクラシック仕様

今回、オーナー様から約8年前にカラーオーダーを含めたパナソニックオーダーシステム(POS)で組み上げましたクロモリロードバイクのパーツコンポーネントの組換えのご依頼です。

それにしても、オーナー様のお手入れが行き届いていて8年前の自転車とは思えない新品のようです!

今までは、クラシック仕様のWレバーでの変速システムを長年使用していましたが、その他複数台所有していますロードバイク全てがデュアルコントロールレバーでその操作性に慣れてしまい、今回変速レバーを含めたフルコンポーネントを最新のシマノ105R7000シリーズに組み換えすることになりました。

組換え前のパーツ

クロモリロードのWレバー仕様懐かしいです!

パナソニックロードバイクwレバー仕様

ギヤクランクは、当時オーナー様のご希望でスギノクランクを採用

パナソニックロードバイクスギノクランク仕様

ハンドルバーもクラッシクモデルでブレーキレバーもシンプルに

パナソニックロードバイククラッシックレバー

組み換え作業へ

専用メンテナンス台に自転車をセットして作業開始です。

パナソニックロードバイクパーツ組み換え作業前

車体の交換部品を全て取り外します。

パナソニックロードバイクパーツ取り外し

組み替えるコンポーネントは、最新のシマノ105R7000シリーズの11スピード仕様です。

シマノ105R7000シリーズコンポーネント

ブレーキアーチ本体を組付け。

パナソニックロードバイクR7000ブレーキアーチ取付

ボトムブラケットを組付け。

パナソニックロードバイクボトムブラケット取付

ギヤクランクと直付け仕様のフロントディレイラーを組付けます。

パナソニックロードバイクR7000 フロントディレイラー取付

ギヤはワイドレシオ34T仕様

スプロケットの歯数は、11-34Tのワイドレシオ11スピードに。

これで坂道も今までよりギヤ選択に余裕が!

シマノスプロケット11-34T取付

リアスプロケット34T対応のシャドータイプのR7000リアディレイラー

シマノR7000リアディレイラー取付

フロントギヤ歯数は、50×34Tのコンパクトモデル採用

シマノR7000ギヤクランク周り

シマノSTIレバーとの組み合わせに最適な形状に設計された日東M186STIハンドルバーに交換してブレーキブラケット位置もフラットになりレバー操作もスムーズに!

パナソニックロードR7000デュアルコントロールレバー

シマノ105R7000シリーズへ組み換え完了!

最新のシマノ105R7000シリーズに組み換え完了です。

パナソニックロードR7000コンポーネント組換え完了

まとめ

クロモリロードのパイプの細い美しいフォルムに、オーナー様納車ご来店前の自転車を見て他のお客様皆さん魅了されていました!