一般自転車タイヤ交換時に使われる商品は、お店によって違うって知ってましたか

国産高品質タイヤ「パナレーサーカスタムタフ」一般自転車用

タイヤ交換時の商品はお店により違う

毎日の通勤・通学・ショッピングなどで皆さん使われることが多い一般自転車の26インチ・27インチですが、タイヤがすり減り摩耗した時はタイヤチューブ交換を自転車店でお願いすると思いますが、実はその時使われますタイヤチューブですが、各お店によってメーカーはもちろん商品グレード等にも違いがあるって知っていましたか?

「どこのお店も同じ商品じゃないの」と思われている方が案外多いんですよね。

 

コスナのこだわり

コスナサイクルこだわりの国産高品質タイヤチューブ「パナレーサーカスタムタフ」案内外看板

コスナサイクルでは、一般自転車用タイヤチューブ交換時に使う商品は私、店長自らが納得した商品を選んで採用しています。

それがコスナのこだわりです。

コスナが採用している高品質な国産タイヤチューブはメーカー名Panarecer(パナレーサー)商品グレード名「カスタムタフ」です。

店舗メンテナンスルーム外側にこのPOP看板を立てています。

 

パナレーサーカスタムタフ

耐摩耗強化タイヤ

国産パナレーサーカスタムタフの肉厚タイヤトレッド部分

小田原エリアでは当店のみ採用のMade in JAPANの高品質タイヤチューブ「パナレーサーカスタムタフ」は、タイヤトレッド部分が一般的なノーマルタイヤより肉厚になっています。

タイヤトレッド部分の肉厚効果により路面からの衝撃を緩和してくれますのでより快適に走行できます。

更に耐摩耗強化タイヤですのでタイヤも長持ち。

 

肉厚のスーパーチューブ

国産肉厚スーパーチューブ「パナレーサーカスタムタフ」に採用

パナレーサーカスタムタフに採用されていますチューブも国産で肉厚のあるスーパーチューブです。

スーパーチューブはノーマルチューブに比べ肉厚がありそれにより耐パンク強度は40%アップ

パンク軽減になります。

 

タイヤ交換時にお伝えする2つの大事なこと

コスナサイクルでは、「パナレーサーカスタムタフ」のタイヤ交換時にお客様にお伝えしている大事なことが2つあります。

  1. 高品質な耐摩耗強化タイヤでトレッド部の肉厚タイヤに交換することで、タイヤのグリップ力もあがります。
    それによりブレーキ制動力もあがります。
  2. 肉厚タイヤでも空気圧チェックは定期的に。
    高品質なタイヤに交換されてもタイヤの空気圧が減った状態で乗られていますとパンクのリスクは高くなりますので1ヶ月に1回は必ず空気圧チェックを忘れずにお願いしています。

 

まとめ

自転車の部品は、タイヤひとつをとってもメーカーも色々あり、更に商品グレードも数多くあります。

コスナが一般自転車のタイヤ交換時に採用しています「パナレーサーカスタムタフ」は安心しておすすめできるタイヤのひとつです。