初心者必見!自転車フレンチバルブアダプター使い方

フレンチバルブアダプターを付けて英式ポンプを使う

初心者必見!自転車フレンチバルブアダプター使い方

クロスバイク・ロードバイクなどの自転車チューブの口金は一般自転車に使用されている英式バルブと違い仏式バルブ(フレンチバルブ)を使用しています。

とくにネットで自転車を「ポチッ!」と購入された方の中には、自転車チューブの口金の違いを知らず、いざ自分の自転車に空気を入れようとしたら「アレッ!」一般自転車のポンプだと空気が入れられない!?と気が付かれる方もいらっしゃいます!

本来ならスポーツバイク(クロスバイク・ロードバイク)用メーター付きのフロアポンプで空気圧を目視で確認しながら空気を補充するのが一番ですが、普通の一般自転車用フロアポンプしか今は持っていない方には、フレンチバルブアダプターを使い空気を補充することができます。

 

フレンチバルブアダプターとは?

フレンチバルブアダプターは、自転車チューブの口金を仏式バルブから英式バルブに変換することができるアダプターです。

フレンチアダプター

このアダプターを使用することで自転車チューブの仏式(フレンチバルブ)でも一般自転車用フロアポンプで空気を入れることができるようになります。

 

フレンチバルブアダプターの使い方

フレンチバルブ口金

まず初めに、フレンチバルブ口金のバルブキャップを外します。

 

フレンチバルブ口金ネジ緩めるて押す

フレンチバルブ口金上部のネジを緩め、上から押して「プシュッ!」と音をさせます。

この動作によりバルブ口金の中の弁が開き空気を入れる準備ができます。
ついネジは緩めたけど、この一押しをせず空気を入れようとしても全く空気は補充できませんので忘れずに!

 

フレンチアダプターを取り付ける

緩めた状態のバルブ口金の上からフレンチバルブアダプターを口金にしっかりとネジこみます。

 

フレンチバルブアダプターを付けて英式ポンプを使う

一般自転車用フロアポンプの先端部をフレンチバルブアダプターに挟みこみます。

 

英式ポンプで仏式バルブに空気を入れる

後は、普通の自転車と同じように一般自転車用フロアポンプで正しくポンピングして空気を入れていきます。

但し、専用ポンプと違い空気圧メーターも高圧タイプでもありませんので、正確な空気圧は入れられません。

 

フレンチアダプターを口金から外す

自転車チューブに空気の補充が完了しましたら、一般自転車用フロアポンプの口金を外し、フレンチバルブアダプターを自転車チューブから取り外します。

 

フレンチバルブ口金ネジを締める

フレンチバルブ口金のネジを手で絞め込みます。

 

フレンチバルブにキャップをして完了

自転車チューブ口金にバルブキャップを被せ作業終了です。

 

まとめ

フレンチバルブアダプター1個あれば前後交互に使用できますので2つ購入しなくとも大丈夫です。

アダプター使用後は、前後どちらかのバルブ口金にネジ込みバルブキャップをして常に自転車に取り付けておけます。

フレンチバルブアダプターがあると便利ですけど、やはり正確には空気圧管理はできませんので、クロスバイク・ロードバイク等のスポーツバイクを購入したのなら、メータ付き専用のフロアポンプは必需品ですので購入してください。