知っているようで知らない正しい自転車ブレーキのかけ方【一般自転車】

シナモンJpブレーキレバー

正しい自転車ブレーキのかけ方知ってますか!?

多くの方がお買い物、通勤、通学等で利用されている一般自転車ですが、ブレーキをかける時、普段意識せずにブレーキレバーを握ってブレーキをかけている方が多いかと思います。

それでは、問題です!

「正しい自転車ブレーキのかけ方」は?

みなさん、知っているようで知らない方が意外と多いんですよね!

自転車のブレーキをかける時は左右どちらから先にブレーキをかけますか? 

一般自転車の場合、右側ブレーキレバーが前輪ブレーキ、左側ブレーキレバーが後輪ブレーキです。

 

正しいブレーキのかけ方

自転車ブレーキのかけ方 左側レバーで後輪ブレーキをかける

正解は、

最初に左側ブレーキレバーの後輪ブレーキです。

自転車ブレーキのかけ方 右側レバーで前ブレーキをかける

そして、右側ブレーキレバーの前輪ブレーキをかけ、

その後必ず両方のブレーキレバーを併用してブレーキをかけてください。

 

例えば、

前輪だけ(右側ブレーキレバー)を急にかけてしまうと前輪がロックして転倒する危険があります。

後輪だけ(左側ブレーキレバー)を急にかけてしまうと後輪がスリップして操縦困難になる危険があります。

 

ブレーキをかける時に注意すること

  • 急ブレーキをかけないように、いつも前方に注意してください。
  • カーブを曲がるときは、手前で速度を落としてゆっくり曲がります。
  • 雨天時は、ブレーキ制動距離が長くなりますので、十分に気を付けて前後ブレーキを併用してください。
  • 下り坂の時は、スピードの出過ぎに十分に注意して前後ブレーキを併用してください。
    急坂を下る時は、無理せず自転車から降りて前後ブレーキを併用しながら押して歩いてください。

 

ブレーキシューの種類について


一般自転車用ブレーキシュー2種類の見分け方は、こちらブログ記事を参照してください。

 

まとめ

つい癖で、ブレーキを前だけかける方、また後ろだけの方などもいらっしゃいます!

ブレーキを片側だけのみ使用していますと、前輪ではブレーキシューの減りが極端に減り危険ですのでブレーキシュー交換が必要になります。