コーダールーム2021年モデルのRAILシリーズクロスバイク入荷

コーダーブルーム2021年モデル クロスバイク「レイルシリーズ」 

クロスバイク2021年モデル

コロナ過の中、週末のサイクリング・日常の通勤需要としてもカジュアルスタイルで気軽に乗れることで人気を更に集めているのがクロスバイクです。

店長おすすめのクロスバイクと言えば、日本メーカーの「KhodaaBloom(コーダーブルーム)」です。

日本の道路環境や使用用途、日本人の体格に合わせたフレーム設計それに加えて、各モデルのコストパフォーマンスの高さなど満足度の高い商品に仕上がっていると私店長は思っています。

購入されましたお客様からも大変好評を得ています。

そのKhodaaBloom(コーダーブルーム)から早くも2021年モデルのクロスバイク「RAIL(レイル)シリーズ」が入荷中です。

2021年モデルのクロスバイク「レイルシリーズ」は、一部ニューモデルを除き2020年継続モデルとなっています。

 

RAIL(レイル)の特長

軽量フレーム

ロードバイク並みのフレーム重量「1,350g」

レイルシリーズにはコーダーブルーム「ESAT-L]軽量アルミ合金フレームをレイルシリーズ全モデルに採用。

更に、パイプの厚みを3段階にした「トリプルバテット」を施すことで強度が求められる箇所は肉厚を厚くし、そうでないところは薄くする事で「軽さ」と「強度」を両立させています。

 

きれいな見た目と強度を高める2つの工夫

アルミフレームの溶接部分を手作業で研磨する「スムースウエルディング加工」を施しています。

これにより、溶接部分がなめらかに処理されることで、上質で美しい見た目を実現、それと「スムースウエルディング」を施したことで応力分散で耐久性もアップしています。

 

走りやすいフレーム設計

コーダーブルームのクロスバイクは、他ブランドの同等サイズのクロスバイクよりも20㎜長いフロントセンターのフレーム設計により、ふらつきやすい低速時においても高い直進安定性を発揮する安心して乗りやすいフレーム設計となっています。

 

RAIL700SL

コーダーブルーム20212年モデル レイル700SL ダークブルー

カーボンフロントフォーク、カーボンシートポストを標準搭載した質量8.9㎏のクラス最軽量クロスバイクがレイル700SLです。

変速システムは、前2段×後8段 18スピード仕様

メインコンポーネントはロードバイクコンポーネントのシマノSORAを採用

タイヤサイズは700×28C

ベル・ライト・スタンド標準装備

本体価格¥87,000(税抜)

本体価格¥95,700(税込)

レイル700SLに関しては、こちらのコスナブログ「8.9㎏の軽量クロスバイク「2020コーダーブルームRAIL700SL」を早速チェック」記事で詳しく紹介しています。

 

RAIL700

コーダーブルーム2021年モデル レイル700

コーダーブルームのクロスバイクの中でもスタンダードモデルとして人気が高いのが「レイル700」モデルです。

こちらも同等モデルと比べてクラス最軽量の9.8㎏を実現!

手に持った瞬間「軽い!」ときっと感じるはずです。

変速システムは前3段×後9段 27スピード仕様

もちろんベル・ライト・スタンドは標準装備

本体価格¥63,000(税抜)

本体価格¥69,300(税込)

レイル700はこちらのコスナブログ記事、人気のクロスバイクKhodaaBloom「レイル700」2020年モデル入荷でも紹介しています。

 

RAIL700A

コーダーブルーム2021年モデル レイル700Aモデル

レイルシリーズの中で一番お手頃価格でスポーツバイク入門用に最適な1台がレイル700Aモデルです。

タイヤサイズは少しだけ太めの700×32Cを採用これによりエアボリュームが増えることでクッション性が高まります。

サドルも柔らかなクッションサドルを採用していますのでスポーツバイク初心者の方でも乗りやすくなっています。

ベル・ライト・スタンドの3点はもちろん標準装備。

変速システムは、前3段×後8段 24スピード仕様

本体価格¥48,000(税抜)

本体価格¥52,800(税込)

レイル700Aモデルについては、こちらのコスナブログ記事、5万円以下のクロスバイクで人気のコーダーブルーム「レイル700A」2020年モデル入荷での紹介しています。

 

RAIL DISC EX

コーダーブルームRAIL DISC EXマリンブルー

レイルシリーズのディスクブレーキ仕様がレイルディスクです。

RAIL DISC EXは、軽量で路面からの衝撃吸収に優れたカーボンフロントフォークを採用、ブレーキシステムはシマノ製油圧ディスクブレーキを採用、雨の日でも安定した制動力を発揮します。

レイルディスクEXについては、こちらのコスナブログ記事「油圧ディスクブレーキ仕様の最新クロスバイクRAIL DISC EX(レイルディスクEX)」でも紹介しています。

 

レイル700シリーズ記事まとめ

コーダーブルーム2021年モデル レイルシリーズのフレームロゴ

コーダーブルームのクロスバイク「レイルシリーズ」については、こちらのコスナブログのまとめ記事「コーダーブルーム人気のクロスバイクRAIL(レイル)シリーズ記事まとめてみた」でも紹介していますのでチェックしてみてください。

RAIL700とRAIL700Aの比較記事、クロスバイクの通勤仕様として「フェンダー〈泥よけ)」取り付けてみた、クロスバイク通勤仕様でフロントバスケット取り付けてみた、などの記事も紹介しています。

 

まとめ

日本を含め世界的にコロナ過の中で自転車需要が今まで以上に高まっており世界規模で生産が追い付かない状況となっております。

そのためご希望の商品等がございましたら確実に入手するためにもお早目のご予約を是非おすすめいたします。

モデル・サイズ・カラーによりましては現在、ご予約いただく商品でも数カ月待ちの商品もございます。

KodaaBloomメーカーサイト

 

投稿者プロフィール

小砂恵三
小砂恵三コスナサイクル店長
自転車の最新情報・自転車生活に役立つ修理ノウハウ・取扱ノウハウ・最近のコスナサイクルなどコスナブログ記事で更新しています。