あなたの街のサイクル・ドクター

自転車用スマホホルダー比較してみた。Amazon評価数の多い「Tiakia PB03-AC」と「ミノウラiH-520-STD」

自転車スマホホルダー比較 Tiakia PB03-ACとミノウラiH-520-STD

自転車スマホホルダー2つを比較

自転車にスマホを取り付けるには自転車用スマホホルダーが必要になります。

自転車スマホホルダーとひとことで言ってもスマホメーカーやモデルにより取付対応商品も異なります。

そこで今回は、Amazonで評価数の多い「Tiakia PB03-AC」と軽量クランㇷ゚仕様「ミノウラ iH-520-STD」この2つを実際に取り付けて比較してみたいと思います。

 

Tiakia PB03-AC

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」

Amazonでのお手頃価格で評価数の多い自転車スマホホルダーです。

「Tiakia PB03-AC」

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」内容物

ユーザーマニュアルと本体取付ブラケット、スマホホルダー本体(ユニバーサルジョイントナット付き)、スポンジパッド3枚が入っています。

 

Tiakia PB03-AC取り付け方法

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」アダプターを取り付ける

取り付けブラケットをハンドルバーに取付ネジを締めこんで取付します。

※ハンドルバーの径に応じてゴム製ガスケットの厚さを選択して調整してください。

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」溝に本体合わせる

取り付けブラケットの■の穴とスマホホルダー本体のユニバーサルジョイント部を合わせます。

自転車スマホホルダー「Tiakia PR03-AC」本体ネジで固定する

ユニバーサルジョイントナットを回して本体を固定します。

これで取り付け完了!

自転車ホルダー「Tiakia PB03-AC」ホルダー取付角度

取付角度も調整できますので自分の好みに合わせてください。

 

スマホの装着と取り外し方法

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」裏側のOPENスイッチ

スマホホルダー背面にある赤い安全スイッチを「OPEN」の位置に押して静止させます。

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」ダイヤルを回す

もう一方の手で調整ギアを時計回りに回して本体4つののツメを伸ばします。

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」スマホ本体用スポンジパッド

スマホを載せるスマホホルダー本体部分に自分のスマホの厚みに合わせて付属のスポンジパッドを1つ以上選択して貼り付けます。

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」にスマホ取り付ける

スマホをスマホホルダーに置いたら、調整ギアを反時計回りに回して4つのツメを締めこんでしっかり保持します。

 

Tiakia PB03-AC取り付け可能サイズ

ハンドルバー径は、直径22㎜~32㎜

スマホサイズは、長さ116㎜~168㎜、幅58㎜~84㎜、厚さ<12㎜、アスペクト比1.9:1、2.1:1

 

ミノウラiH-520-STD

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」

軽量クランプ仕様のミノウラiH-520-STD

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」内容物

スマホサイズにベストフィットするようにサイドの厚み調整用フック、本体下側延長アーム、しっかり固定ができる取り付けクランプ、また取り付け位置も変えられる横取り付けアダプター付き。

六角レンチ工具2本も付属で付いています。

 

ミノウラiH-520-STD取り付け方法

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」六角レンチ工具でクランプ部分を取り付ける

本体中央のネジを付属の六角レンチ工具で緩めます。

使用するスマホの天地サイズに合わせて上下アームの位置を調整しておきます。

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-D」本体とクランプ取り付け

ネジを緩めたら、本体裏側に角度調整板をはめ込み、角度調整板の縦溝にクランプ取付台座をはめこみネジで固定します。

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」ハンドル取付クランプ

取り付けクランプのネジを緩めて、ハンドルバーに巻き込みます。

ハンドルバーの径に合わせて付属のクランプ調整シムのゴムパッキンをはめ込みます。

クランプ調整用シムは厚と薄の2種類が付属しています。

厚いシムで22㎜、薄いシムで25㎜、シムなし29㎜

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」本体取付

クランプ取り付け穴にロールナットを入れ、締め付けボルトで締めこみ固定します。

ワンポイントアドバイス
クランプを固定する時は、先ず締め付けボルトを指で軽く3回転ほど回してネジが軽く回るのを確認してから六角レンチ工具で締め付け固定します。

自転車スマホホルダー「IH-520-STD」サイドフック厚さ調整

スマホサイズのよりサイドの高さ調整も可能です。

画像は高さが低く設定した状態。

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」サイド高い状態

サイドの高さを高く設定した状態

フックは大小あり更に本体サイドの溝で2段階調整できるので、それぞれの高さを調整することで4段階の設定ができます

上下の画像を比べると高さの違いがよくわかると思います。

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」本体取付

ミノウラiH-520-STDをハンドルに取り付け固定完了

スマホをスマホホルダー本体に置き両サイドのフックを押し込み固定します。

付属のシリコンバンドで更に本体を固定します。

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」取り付けを横から見る

横から見るとこんな感じです。

 

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」横付けアダプター取り付け

横取り付けアダプター(アルミ製シルバー)に交換して取り付けることで、ハンドルより少し前方へのオフセット設定ができ視認性も向上できます。

自転車スマホホルダー「ミノウラiH-520-STD」リリースボタン

本体下にあるリリースボタンを引くことでスマホを取り外すことができます。

 

ミノウラiH-520-STD取り付け可能サイズ

固定クランプ取り付け可能径

スタンダードサイズ(STD)で22.2㎜・25.4㎜・28.6㎜に対応

オーバーサイズ(OS)モデルもあります。サイズ27.2㎜、31.8㎜、35㎜に対応

スマホサイズ:高さ98㎜~163㎜、幅50㎜~85㎜、厚さ6㎜~18㎜

 

iPhone対応について

iPhone 11 Pro, XS, X, 8, 7, 6s, 6, SE(第1・第2世代)

標準仕様で装着が可能です。

iPhone12/12Pro/12Pro Max、iPhone 11 Pro Max, 11, XR, XS Max, 8 Plus, 7 Plus, 6s Plus, 6 Plus

下側アームを付属の延長アームに交換することで装着可能。

 

 

2つの自転車用スマホホルダー比較した感想

自転車スマホホルダー「Tiakia PB03-AC」と「ミノウラiH-520-STD」本体サイズ比較

Amazonで購入した「Tiakia PB03-AC」と軽量クランプ仕様のミノウラ「iH-520-STD」を実際取り付けてみて分かったことは。

Tiakia PB03-ACはシンプル構造なので取り付けがとても簡単です。

ミノウラ「iH-520-STD」はクランプでしっかり固定できるので取り付けた後の剛性感が良いので安定感も抜群です。

更にスマホサイズに合わせて細かく高さ調整などできるのでよりホルダーにフィットして装着できます。

その分、組立調整には説明書を読みながら作業をしますので少し時間はかかると思います。

長く愛用できるしっかりとした安心感のある自転車スマホホルダーをお探しならミノウラ「iH-520-STD」がおすすめですね。

 

その他

こちらのコスナサイクルブログ記事でも商品比較、商品試し記事をアップしていますので参照してみてください。

2つの自転車携帯ポンプ試して比較してみた 店長おすすめとAmazonで購入した安価なモデル

Amazonでも人気No.1自転車用ボトルケージTOPEAK(トピーク)モジュラーケージⅡを実際試してみた

2つの自転車カバー比較してみた Amazonで人気の「Créer自転車カバー」と「パナソニック純正サイクルカバー」