これを見れば分かる!ESR「パーサー」輪行方法

ESRパーサー輪行袋ちび輪バッグPW

ESRパーサーで輪行を

発売後美しいフォルムと価格以上の性能と造りで注目を集めている折り畳み自転車ESR「パーサー」。

折り畳み自転車の性能を一番発揮するのが輪行ができて色々な場所に持ち運んで行けることです。

ESR「パーサー」なら、工具なしで簡単に折り畳みでき輪行袋を使えば更に行動範囲が広がりますよ。

例えば、

車のトランクルームに積んで目的地でのサイクリングを楽しんだり。

目的まで自走して、美味しい食事とゆっくり温泉を楽しんで帰りは輪行して帰宅。

電車の旅行の友として輪行して各地の名所巡りを楽しんだりと

楽しみ方はいろいろです。

 

ESR「パーサー」について

5万円台の折り畳み自転車としては突出したコストパフォーマンスで注目を集めていESR「パーサー」。

コスナサイクルでも注目のこの商品につてい、発売後早々に何回かに分けて取扱等を含めブログ記事で紹介しています。

それぞれの内容についてはこちらを参照しくてださい。

ESR「パーサー」ディスクブレーキ仕様で驚きの5万円台折り畳み自転車

これを見れば分かる!ESR「パーサー」折りたたみ方

これを見れば分かる!ESR「パーサー」組み立て方

 

輪行袋「ちび輪バッグPW」

オーストリッチ輪行袋ちび輪バッグPW

ESRパーサーは20インチの折り畳み自転車ですので、それに合った輪行袋を選びます。

そこで、

国産メーカー「アズマ産業株式会社」のOSTRICH(オーストリッチ)ブランド

折り畳み自転車用輪行袋として2モデル「ちび輪バッグ」と「ちび輪バッグPW」が発売されています。

初心者におすすめなのが、

より簡単に収納できて生地を強化した「ちび輪バッグPW」です。

 

「ちび輪バッグPW」使い方

ちび輪バッグPW広げる

収納袋から取り出し全体に広げファスナーを全開にします。

ちび輪バッグPWにESRパーサーを入れる

広げた輪行袋に、折りたたんだESRパーサ本体を袋の中央に置き、両サイドからファスナーを閉めて行きます。

ちび輪バッグPWにESRパーサー収納する

スッポリ収まるようにファスナーを閉めます。

ちび輪バッグPWサイド小物入れ

ちび輪バッグPWの輪行袋にはサイドに小物等を入れられる収納袋も付いてます。

輪行袋を入れている袋を収納するのにも便利ですよ。

ちび輪バッグPW横幅をアジャスターで調整する

輪行袋の片面には、自転車の大きさに合わせて袋の幅を調整できるバックル付きのアジャスターが上下にあります。

こちらを調整してESRパーサーにフィットした幅に合わせてください。

ちび輪バッグPWアジャスター調整後

バックル付きアジャスターでの調整するとこのようになります。

ちび輪バッグPWにESRパーサー収納する

これで輪行袋の収納は完了です。

簡単でしょ!

こちらのオーストリッチ輪行袋「ちび輪バッグPW」は、折り畳んだ自転車をスッポリ入れるだけと簡単!

自転車を担ぐ時は、ショルダーベルトも最初から袋外側に縫い込んであるので、そのまま片に担ぐだけです。

 

ちび輪バッグPWの特長

「ちび輪バッグ」と「ちび輪バッグPW」の大きな違いは2点です。

ちび輪バッグPWの方が袋の生地を強化している点

自転車の収納方法の違い

ちび輪バックPWは、袋にそのまま入れるだけですが、

ちび輪バッグは、自転車本体にショルダーベルトを通して輪行袋を担ぐタイプになります。

 

まとめ

軽量折り畳み自転車ESRパーサーで、ビジネスの移動手段に活用したり輪行をして旅を楽しんだりしてください。