小田原の自転車専門店

小田原市自転車用ヘルメット購入費補助金申請について

小田原市自転車用ヘルメット購入費補助金申請について

小田原市自転車用ヘルメット補助金について

令和5年(2023年)4月1日から施行されました道路交通法(第63条の11)一部改正による法律(令和4年法律第32号)で、自転車に乗るすべての人の「ヘルメット着用が努力義務」になりました。

それを受け、小田原市でも市民の自転車乗車中の事故被害の軽減と交通安全の意識向上を図る目的で、自転車用ヘルメット購入費(上限1,000円)の補助金を申請することでもらえます。

補助対象者

※次の条件をすべて満たしている方

  • ヘルメット使用者で、小田原市内に居住していること
  • 過去にこの補助金の交付を受けていないこと
  • 暴力団員等でないこと

※ヘルメットの使用者が未成年者または成年被後見人の場合は、保護者が申請することができます。

補助金額 1,000円

  • 購入額が1,000円を下回る場合は、その購入額を補助金額とします
  • 補助金の交付は、使用者1人につき、ヘルメット1個限りとなります

申請受付期間

2024年(令和6年)6月3日(月)~2025年(令和7年)2月28日(金)必着

※令和6年4月1日以降に購入された方につきましては、申請必要な書類を提出すれば補助対象となります。
申請時、領収書の原本が必要となりますので大切に保管しておいて下さい。

対象となるヘルメット

新品未使用であること(転売品を除く)

次のいずれかの安全性の認証をみたすもの

  • SGマーク
    一般財団法人「製品安全協会」が安全基準に適合することの認証
  • JCFマーク
    公益財団法人「日本自転車競技連盟」が安全基準に適合することの認証
  • CEマーク
    欧州連合の欧州委員会が安全基準に適合することの認証
  • GSマーク
    ドイツ製品安全法が定める安全基準に適合することの認証
  • CPSCマーク
    米国消費者製品安全委員会による安全基準に適合することの認証

申請方法

小田原市の「交付申請書兼口座振替依頼書」及び添付書類を小田原市役所5階「地域安全課窓口」へ直接または郵送で提出

ヘルメット補助金申請に必要な書類

小田原市自転車乗車用ヘルメット購入費補助金交付申請書兼口座振替依頼書(様式第1号)

注意事項:記入例を確認しながら必要事項をすべて記入します

申請者及び使用者の本人確認ができる書類の写し(申請者と使用者が異なる場合はそれぞれ1通)

注意事項:マイナンバーカード(表面のみ)、運転免許証、健康保険証、その他本人確認ができる書類の写し

ヘルメットの購入に係る領収書の原本等

申請者と購入者の氏名(領収書の宛名)が同一であって、購入日、販売店名、商品名、購入金額が記載されているもの

ヘルメットの安全基準が確認できるものの写し

保証書等の写し、ヘルメットに貼付された認証マークの写真など
※ヘルメットと認証マークが1枚の写真に収まるよう撮影して下さい。

申請者名義の振込先口座番号が確認できるものの写し

通帳の写し(口座名義人、口座番号が記載してあるページ)

補助金交付決定

申請書類受付後、2か月ほどで交付決定通知書が郵送されます

小田原市補助金申請書類のリンク先

小田原市の自転車乗車用ヘルメット購入費補助金の申請等の詳細につきましては、こちら小田原市の関連リンク先へ

小田原市「自転車乗車用ヘルメット購入費の一部を補助します」

小田原市自転車乗車用ヘルメット購入費補助金交付要綱

自転車乗車用ヘルメット購入費補助金申請案内(チラシ)

ヘルメット関連コスナサイクルブログ記事

こちらのヘルメット関連のコスナブログ記事も参照してください。

ヘルメット着用義務化」でカジュアルスタイルにおすすめなヘルメット

キッズモデルながら頭の小さな大人も被れるヘルメットOGK「TESTA(テスタ)」

女性におすすめ帽子型ヘルメットOGK「SICURE(シクレ)」

頭の大きい人におすすめする自転車ヘルメットOGK「REZZA-2」

OGK自転車ヘルメット一番大きいサイズなら「ステア―X2」モデル

自転車ヘルメットにテールライトCATEYE「WEARABLE mini」取付てみた

自転車ヘルメット盗難防止用ロックに「SOKU LOCK(ソクロック)」おすすめ

自転車ヘルメット収納と消臭効果もある「オーストリッチ消臭袋」の使い方

投稿者プロフィール

小砂恵三
小砂恵三コスナサイクル店長
宮田工業(現在:ミヤタサイクル)での研修を得て、インショップ形式の自転車店の店長に就任。その後家業を継ぎ自転車のメンテナンス、販売に従事して35年以上。
自転車専門資格として「自転車安全整備士」「自転車技士」「スポーツBAA PLUS」「自転車組立整備士」などを保有。
現在はコーダブルームやパナソニックといったスポーツ自転車から電動アシスト自転車までを幅広くカバーするサイクルショップ、コスナサイクルを運営。